コロナ疑いで断る病院続出!救急搬送でたらい回しの裏事情

   2020/05/17

Pocket

 新型コロナウイルスに感染した疑いがある人を救急車で搬送したとき、宮城県内で34件(4月29日現在)あることが県の調べでわかった。

名取市や仙台市では、受け入れを断る病院が相次ぎ、病院探しに2~4時間かかった例があった。

搬送の現場も感染防止に神経をとがらせている。

コロナで急激に重症化すれば蘇生処置が必要です。

蘇生処置の延長上に人工呼吸器装置があります。

蘇生処置を行う際には、通常の濃厚接触時の何十倍も感染リスクが高くなるので、的確で適切な熟練の技術が必須です。

その技術対応できる医師と看護師は必要ですし、一時収容施設でその人材を確保しなければなりません。

 発熱してコロナに感染しているかわからない状況で自己判断や保健所の指示等で自宅静養しているとして、その状況で急激に症状が悪化したら、どうしたらいいのでしょうか?

保健所に電話して指示を仰げる余裕がまだあるのか、感染疑い患者を受け入れてくれる病院まで自力で行くことが出来るか、どうしても自力じゃ無理な人は救急車呼ぶだろうけど搬送先が見つからない。

ベッドは空いていても、救急外来で感染疑いを受け入れると二次感染を起こさないよう、人もつきっきり、診察室も患者がいなくなっても換気の時間を必要とします。

病棟ベッドが空いていても、救急外来の人、環境、物が足りないと受け入れできません。

救急外来は疑いのある人がきます。

疑いのある人にも防御服着用しなければならないのです。

コロナ陽性だけでなく、疑いのある人にも感染者扱いで医療従事者は関わってます。

助けを求められて駆け付けて搬送しなければならない救急車の隊員は完全に板挟み状態でどうしたら良いのでしょう。

過去の医療に携わる偉人のお話しや最先端医療、スーパードクターのドキュメントやドラマは沢山ありますのに、我が国の医療ってここまで追い詰められてしまう。

一刻も早い緊急搬送先の確保、簡易検査と収容先の拡充をお願いしたいです。

コロナ疑い患者を積極的に受け入れている病院はありますが、もし院内感染が発生してしまったら周辺住民からは悪評判広まるでしょう。

同情もされないだろう。

医師や看護師に感染者が出てしまうと、一緒にいた健康な医療従事者も濃厚接触者として扱われてしまって強制的に休みや閉鎖されてしまうかもしれません。

病棟閉鎖だけでなく、当直医師や夜勤の看護師が回らなくなるから、民間病院は本当に運営できなくなる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA