夏バテ原因と対処法!冷感タオル等の活用方法

 

Pocket

夏バテの基本的な原因は体温調節機能の乱れです。
自律神経のバランスが乱れて体調維持ができない状態になります。
首のリンパを冷やすと脳を冷やして体温下げる司令を出してくれます。
そんな時は、「ひんやり冷感タオル」がとても役にたちます。

エアコンの使い方を間違っていると夏バテになりやすいです。
なぜなら、エアコンをつけて涼しい室内と、猛烈な暑さと湿気の屋外とで大きな違いがあります。
室内の温度調節できるエアコンのメリットは大きいです。
人間は体温を一定温度に保とうして血管を拡大して発汗して体内の熱を放出します。
本来であれば無意識で体温調節のバランスを行うのですが、猛暑が連日続いたり、不快度指数が極端に高い高温多湿の環境下に長時間いると自律神経の働きが激しくなります。
自律神経が興奮状態と似ていて、一種のストレスになります。
無駄にエネルギー消費が激しいのは酷暑に負けないように戦っているからです。
疲労が抜けずに疲労困憊すると、全身疲労や思考力低下、吐き気、
食欲不振、下痢、便秘、頭痛、めまい、夏やせといった症状が表れます。
これらはエアコンがなかった頃のお話です。
一方で、現在の夏バテは、エアコンによる室内の感想と低温、猛暑の外気温と湿度を比較すると、差が大きすぎて過剰なストレスとダメージを背負います。
また、自律神経の調整が間に合わないので、体の冷えや睡眠不足をひき起こし、結果として同じような疲労の症状、つまり夏バテが表れてきます。
熱中症は脱水症状と栄養バランスの乱れなどた原因で、栄養補給と体温を下げるのが良作です。
エアコンはぜいたく品ではありません、。生命維持の必需品の時代だといえます。
高齢者がエアコンを避けると、異常な発汗やめまいや失神などの他に重症になると、生命に危機に直面します。
重要なのは、自律神経を整えれば夏バテを解消できます。
食事療法と規則正しい生活です。冷たいものを食べているなら暖かい食事で体内を暖めてあげましょう。
大豆などの豆類でタンパク質を取りつつ、肉・魚と野菜をたべてスタミナアップしましょう。
シャワーだけでなくて、湯船に浸かりましょう。
冷え切った内臓を暖めて内臓疲労を解消しやすく、ストレス解消になります。
ストレッチ体操や水泳などの全身運動も良いです。
冷感タオルを首に巻きながら、体をほぐして筋肉の可動効率と代謝を高めてみましょう。
ジムに通わなくても無料ですから、今日から実践しましょう。


 

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA