餃子の王将チャーハンの作り方とネット通販

 

Pocket

 
餃子の王将は、餃子のほかにもチャーハンがとても美味しいと思います。
仕上がりがパラッとしていて、油っこくないのが好きです。
料理好きに私にとっては、王将のチャーハンの味付けを自宅で再現したいと考えて、
王将の厨房が見える場所を探す時間がもったいないから、
試行錯誤しながら何度もチャレンジしてします。
残念ながら少しもあの味に近づきません。
王将チャーハンの美味しいうまい作り方教えて知りたいと考えて調査を続けていて、まとめてみました。
味付けは中華鶏がらスープ?の元と塩コショウですが
王将はチェーン店によって、若干の違いがあるようです。
チャーハンや餃子は定番メニューだけに大きな違いが生じる可能性は低いようです。
チャーハンを注文すると、従業員同士が謎の呪文みたいな用語で連絡取り合っています。   たしか「ワンガー」「チージャー」と単語で確認して、調理作業を淡々と進行していました。
巨大なコンテナみたいな入れ物から中華用のお玉で、
人数分の色ご飯を取り出してザッ!ザッ!と素早く炒めています。
テーブルに出てくるまでわずか数分です。
チャーハン担当が決まっているのが分かりませんけど、
どの従業員が調理しても同じ味付けなのが不思議です。
かなり訓練していると思います。
以降、勝手な推測ですが。
膨大なデータから今日一日の販売数を予測して、「チャーハン飯」を炊いてストックしておく。
炊き上がったら蒸気を飛ばして蒸す意味も含めて、コンテナに移す。
注文が入ったら玉子を炒めて「色ご飯」をなべにいれて、水気を飛ばす程度にサッと炒めて提供します。
ちなみに、直営店はセンターで一括仕入れしているので、色ご飯を炊くお米や出し汁を供給しています。
自宅で王将チャーハンを再現するのは難しいし、
パラッとしたチャーハンの仕上がり具合は神業ですね。
最近ではネット通販で王将の餃子やチャーハンのセットメニューを購入できます。
お店の味を再現するなら、いっそのこそ冷凍販売品を食べるのが得策です。
どうしても自力で再現するなら、通販品を研究するのも良い方法だと思います。

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA