小保方氏の実験ノートで女子力とSTAP細胞論文の秘密暴露

STAP細胞の論文問題はいつまで続くのでしょうか?

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーと代理人弁護士によって小保方氏の実験ノートが公開されました。

ネット上では「女子力が高すぎる!!」と話題沸騰となっているようです。

どうでもよいネタだとは思うのですが、マスコミとしては小保方さんを取り上げれば売上が伸びる旬のネタとして取り上げているのでしょう。

最近では、理化学研究所の調査委員会が、捏造・改ざんの指摘を受けた小保方氏側の不服申し立てを退け、再調査を行わない方針を明言したばかりです。

小保方さん陣営がますます不利になっているときに、「実験ノート」で名誉挽回を図ろうと公開したようです。

公開された実験ノートの一部をみてみると、ハートマークや可愛げなコメントもあって女の子をアピールしていますね。

何ともブログ日記のような軽快な話口調で綴っていて実験結果の記録とは思えないのが苦しいです。

小保方さんのイメージアップを図るのが目的だったのでしょうか?

働く女子という観点なら「かわいいね」で絶賛されるかもしれないけど、科学者の見識を問うのであれば疑問を感じます。

小保方さんの研究者の実力を疑問視したくなるほど幼稚で印象をうけます。

再調査容認の巻き返しのために提供した武器にはならないし、むしろ研究者の資質に疑念が増してしまうと思います。

弁護士側はどのような意図で実験ノートを公開したのでしょうか?

その秘密は・・・

弁護士が大きな賭けに売ってでたのかもしれません!!

小保方さんがSTAP細胞を検証するスキルが無いようなマスコミ報道を煽っておきながら、後から詳細な「再現ノート」を披露する作戦だと考えられます。

一度、評判を下げておいてパッシングや疑念を浮遊させておきながら、実は人類史上で最高の結果を出して詳細メモを公開して衝撃を与えるのが目的かもしれません。

地道に頑張っている科学者が少女が書いたような実験ノートをみれば許せないのは無理もないです。

それを承知して公開に踏み切ったなら、弁護士団は巧みな交渉術を仕掛けているとしか思えません。

これからの動向がきになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です