30代で金運・財運あげる人の行動とマインドセット徹底解説

あなたは自分自身の人生を振り返って、幸運だと感じていますか?その反対に不幸だと思いますか?

思っていることが人生の縮図になります。つまり、運が良い!幸せ!と思えば運気がそちらに向きますし、不幸だと決め付けると不幸せな方向性の運気になります。

長者番付で有名な斉藤一人さんの本を読んだとき、口癖がその人の人格を映し出すと言っています。

まさにそのとおりだと思います。運気が上る下がるは、生き方の総合力が影響しているはずです。

スピリチュアル・カウンセラーの江原さんや白尹風(しらいし)あまねさん等も同じようなことを言っていました。

人は33歳で運命の分かれ道を迎え、その前後で運勢・運気が変化してくる!という理屈があるけど事実なのでしょうか?

33歳までは生まれ持った運の影響が強く出る期間といわれていて、それ以降は生き方や考え方や口癖というような当人の人生が運命を変化してくるそうです。

では、お金持ちになる生き方とは何でしょうか?

 

物欲が強い人は貧乏人

「お金がほしい!」という気持ちが強すぎる人は要注意して下さい。

「ほしい」ばかりでは金運・財運は手から零れ落ちてしまいます。

自分から受け取る側から「与えたい」という気持ちを持つことで金銭や良質な情報などを引き寄せます。

与えるものがない!と発言する人がいますけど、簡単なことです。

笑顔や元気な挨拶や得な情報など、相手の心に光を投げかけられる人になりましょう。

 

お金を愛していますか?

「お金が好きな人」にだけお金が集まります。

億万長者になる人々をテレビでみて、嫉妬したり悪口をいっている人は貧乏人になりやすいです。

お金持ちが悪い人間!という固定観念では絶対に成功できません。

お金はエネルギーの集合体ですから、ぜひお金に愛される行動をしましょう。

不平・不満・愚痴・悪口・文句・言い訳を一切排除しようと意識していれば、積極的な言葉をアウトプットできるはずです。

お金持ちはとにかく明るいし、笑顔です。

まずは「口癖をかえる行動レベル、お金持ちのマインドセット」の二つを同時に構築しましょう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です