厚生労働省が警告!就寝前のスマホ操作のリスクと改善策

携帯電話を持つ人の半数以上がスマートフォンを使っています。

インターネットが使いやすく、長時間利用してしまいがちですよね。

一日中スマートホンをいじっていて、寝る直前までスマートホンで操作している人がたくさんいるのですが健康上とても危険だと知らないのでしょうか?

実は、寝る前にスマホを操作していると睡眠の質をが著しく悪くなって体調の悪化や精神の不調をうったえる人が急増しています。

日本経済や社会秩序に影響するので、政府がついに改善処置命令を出してきました。

政府が脅威をかんじるほどの大問題という認識の根拠を探って、スマホいじりの危険性と改善策をご紹介したいと思います。

 

厚生労働省が警鐘

「睡眠指針」というのをご存知ですか?

2014年3月、厚生労働省が見直すことを複数メディアによって報じられました。

スマートフォンを含む携帯電話の長時間の使用や寝床に入ってからの使用によって、学生の中でも中高生の夜型傾向が強まっているそうです。

この状況を危惧した政府は、睡眠指針の改訂版で寝る前のスマートフォン使用を控えるように呼びかけています。

 

寝る前のスマートフォンは不健康の理由

人間が正常な睡眠と覚醒できるのは「メラトニン」というホルモンの働きのおかげです。

しかし、テレビやパソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットの光を夜に浴びると、メラトニンの分泌量が減ってしまいます。

睡眠のサイクルがずれ出して、深い睡眠ができなかったり、寝れない時間が長くなる不調が現れます。

さらに、スマートフォンなどの電子機器のバックライトディスプレイに注意して下さい。

発光ダイオード(LED)が放つブルーライトは特にメラトニン激減の原因に直結しています。

気持ちが良い睡眠を獲得するには寝る前にはスマホやテレビやPCを使わない生活習慣になるべきです。

夜型人間になったり、不眠症を発症するリスクさえあります。

また、視力低下にとどらずに、眼精疲労や網膜はく離の初期症状の原因になるとも言われています。

最悪の場合、うつ病や精神障害の他に、内臓への負担増となるケースもあります。

有効な対策としてあげるなるのは簡単です。

寝る前にブルーライトを浴びない。

つまり、就寝前にはスマホいじりを禁止しましょう。

ブルーライトカットメガネを利用して目から体内全体に悪影響が及ばない戦略が必須です。

 

ブルーライトカット


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です