女性が通り魔被害者になる特徴と防犯対策の秘密ネタを公開

女性は夜道の一人歩きに細心の注意を払っていますか?

物騒な世の中ですから、連日悲しいニュースを聞く度に日本の軽犯罪は悪質化しているのを感じます。

最近では2013年4月に千葉県で女性殴打事件が連続発生して恐いですよね。

女性は男性よりも腕力や体力が少ない方が多いですから、通り魔の格好の餌食になりやすいです。

そこで、どのようにしたら通り魔被害の危険から自分自身を守れるのでしょうか?

 

女性に警告!防犯意識は大丈夫

(1)音楽を聞きながら歩行

(2)携帯電話を使いながら歩行

(3)人通りの少ない場所を平気で歩行

これらのどれかに該当すると思うなら、今スグに意識改革をして下さい。

なぜなら、通り魔が一番狙っている獲物を物色している時にターゲットの対象にしている条件が以上の3項目ですからです。

 

防犯意識の改善方法

仮に思い当たる節があるとして、改善をしようと思えば、具体的にはどうすればいいのでしょうか? 今回はタイプ別に、具体的な対策をまとめます。どれもすぐに実践できる内容なので、今夜から生かしてください。

(1)音楽・動画を視聴しながら歩行

自転車でも音楽聞きながらの人が多いですね。

ほんらいであれば軽犯罪法違反に該当する事案です。

歩いていれば法律上問題なくても、犯罪に巻き込まれるリスクを考えるならば、音楽プレイヤーや動画を視聴しながら路上を歩くのは控えるべきです。

普通に迷惑ですから道徳的に申し上げて、周囲の人に配慮するなら今スグにやめて欲しいです。

(2)携帯電話を操作しながら歩行

路上で電話やメールをしながら歩いている女性は本当に危険です。

電話中とメールやSNSに意識が集中している人は、油断しているから狙われる確率が非常に高いです。

通り魔はもちろんですが、ひったくり犯が後ろからスクーターで狙っている事件が多発しています。

自動車運転中の携帯電話使用による交通事故発生数が極端に多いのを鑑みると、歩きながらの携帯電話の利用で事件・事故に遭遇してしまうリスクを避けましょう。

どうしても携帯電話を使うときは、立ち止まって、周囲を確認しながら使いましょう。

(3)人気のない場所を無防備に歩く

夜道の一人歩きは女性にとって危険度は上がります。

夜間の通り魔の犯行の手口はワンパターン化していますから、彼らの犯行にまきこまれやすい場所には立ち寄らないのは基本です。

夜は後ろ横と360度見渡しながら歩いて、車、バイク、自転車が近付いて来たら警戒しながら見ながらやり過ごしましょう。

人が後ろを歩いて居たら小走りになって、追走されているなら近所に避難しましょう。

 

笛を常備して携帯しよう!

注意していても襲われるときは、笛が命綱になります。

人の音声より波長が伝わりやすいのが警笛音ですから、撃退する手段としては良いです。

100円ショップで安く購入できますから安全上の投資だと思って用意しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です