鳥山明の新連載「銀河パトロール ジャコ」でファン号泣

鳥山明さんの新連載「銀河パトロール ジャコ」がスタートするとの発表がありました。
大ヒットマンガ「ドラゴンボール」やちょっと昔だと「Dr.スランプ アラレちゃん」の作者なのは有名です。
2000年に週刊少年ジャンに連載された「SAND LAND」以来、
13年ぶりなので鳥山明ファンにはとても楽しみでしょう。
集英社が鳥山明さんの漫画活動を復帰に導いたのか定かではないけど、
33号から連載スタートまでこぎつけて素晴らしいです。
最近の鳥山明さんの話題といえば漫画よりもプライベートのネタばかりでした。
年収や納税額が多いから鳥山明さんの自宅の目の前に道路を作って引越しないように地方自治体がビップ待遇扱いしていたうわさや宗教観などです。
17年ぶりに劇場版アニメの新作「ドラゴンボールZ 神と神」が今年の3月に公開されて、
いよいよ本格始動の前触れかなと話題になりました。
そこで今回の新連載の最新情報を聞けて、多くのファンが喜んでいるでしょう。
新作「銀河パトロール ジャコ」の具体的なストーリーや内容はわからないけど、
冒険ファンタジー系?と思われるイメージイラストでした。
 私は、イラストや画像がドラゴンクエストシリーズで馴染み深い世代です
ドラクエでロールプレイングゲームを始めて体験して夢中になって経験値をためてボスキャラと戦っていたのを覚えています。
フィギュアや画集を収集することはなかったけど、ツタヤでドラゴンゴール全巻を夏休み中に立ち読みしていました。
中学生の頃には、毎週月曜日が待ち遠しくてジャンプを友達を回し読みしていました
学生生活の中で鳥山明先生のドラゴンボールのストーリー展開やキャラクターデザインを担当したゲームを楽しんでいました。
スペイン留学していたとき、スペイン人の子供たちに魔人ブウと悟空の戦闘バトルはどうなるの?と質問されたときは、日本のアニメが世界を制すると思いました。
ワンピースやナルトも大ヒットしていて、海外で日本のアニメが爆発的に人気で誇らしいです。
安部総理は成長戦略の一つとして、日本のアニメを輸出してはいかがでしょうか?
子供層への影響力が相当強いし、誰でも楽しめるから大人と子供の関係を良くする潜在能力があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です