予言者・松原照子氏の2014年以降の予言は真実?偽り?

「松原照子氏をしっていますか?」と質問されて「誰ですか?」とそっけなく返答しました。

スピリチュアル・超常現象を研究する百瀬直也によると、国内外で著名な預言者らしいです。

3.11などを的中させてきた実力者だといわれているけどあまり信じていませんでした。

予言者は基本的に無責任だと思います。占い師も同じだけど当たらなくたって犯罪者にならないからです。

根拠が曖昧でも許される領域ですから好き勝手な意見を言いたい放題とも考えられます。

詐欺師やペテン師とまでは言わないけど、注意喚起が必要なときがあるかもね。

松原氏のブログ「幸福への近道」を閲覧してみたけど、2014年を語っていて思わず笑えるネタとして認識すれば受け入れられます。

以下、同氏による見解に対してコメントします。

「3.11の余震域が危険」と大々的に主張していて、三陸沖の南部から北部の海溝寄りと茨城沖のどこかが震源地になりえるとの意見は専門家の多くが言明しています。

福島原子力発電所に大きな被害が出る可能性が高いという意見は興味深いです。

どうせなら、どれほどの被害なのか具体的に数字で被害状況を試算してほしいです。

地震発生する時期や震源地をどうしても注目しますが、実はどれほどの打撃を受けているのかを把握しているならコメントして欲しいです。

震災対策したい人が多いのはあたりまえだから心構えをしたいはずです。

さらに、「南海トラフ地震」「首都直下地震」「富士山噴火」の三つが連続して発生するとコメントしています。

甚大な被害を伴う巨大地震はないものの、震度6~6強を想定するほうが良いとの事です。

う~ん、予言というより、世間一般論にすぎないと思えて仕方が無いです。

東京オリンピックの開催にも難色を示して自然災害の脅威を与えているのは問題に違和感を覚えます。

虚言癖なのか妄想癖なのか、無責任に言いたいことを言うのは表現の自由として許せても、百瀬氏ほどの著名なライターが、世間に疑心暗鬼に追い込むような事はしてほしくないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です