小保方さん引き抜き?会見後に理研から転職活動中か!?

小保方晴子さんは、理化学研究所の研究ユニットリーダーなのですが、彼女をスカウトして引き抜こうとする動きがあるようです。

ヘッドハンティングのお誘いがあるだなんて意外すぎて驚きます。

これだけ世間を騒がせている渦中の人を拾い上げるほど、余裕がない企業が

代理人の三木秀夫弁護士によると、理研で職務を全うできるとは思えないのと小保方さんの研究意欲がたかくて、研究者としての環境があればどんどん働きたい意向を支持する人がいるそうです。

理研の社員のままでは理研の利益に貢献しなければいけません。

理研にいると、好き勝手に自分研究ができないのと成果を信じてもらえない可能性が高いからです。

この際、是が非でも全うな研究者の人生を歩みたいなら、理研を離れるべきですぅ。

し切りなおして、STAP細胞の成功する確立を高めましょう。

小保方さんは会見の場で、「私に研究者としての道が残されているなら」と明言しながらリクルート活動をしていたのはバレバレでした。

「お金と研究施設を提供してくれる会社や支援者さん、私に投資してくれませんか?」と暗に訴えかけていた発言です。

海外の会社や政府関係筋が介入しないように注意してほしいから、政府が国策の一環としてSTAP細胞の発見と運用を管理と監督するほうが良いかもしれません。

とにかく、STAP細胞の存在の事実関係と培養の仕方を明確にして白黒はっきりしないと、国ないし支援者が積極的に小保方さんを保護できないでしょう。

だから小保方さん自身が握っている情報を全てさらけ出すのをためらうなら、せめて、研究の成果をリアルタイムで再現してほしいです。

画像だけでは信用できない状況ですから、ライブで見せるしか方法がないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です