NHK受信料徴収員を名乗る男性の怪しい行動に激怒

NHKの受信料と徴収・契約方法についてのトラブルやクレームはなくならないです。

受信料を徴収するための契約活動するNHK側と、受信料制度に不信感あって支払い拒否する側とで、諸問題があったのは事実です。

先日、知人がNHKの訪問徴収者にされた行為で怒り心頭していた事実をお話します。

NHKの受信料の支払いに関して、『規則だから払うべき』と『NHKを視聴しないから払う必要ない!制度に問題がある』という考えがあって賛否両論です。

どちらが正しいのかを討論するつもりはないのです。

私の知人が怒っているのは、NHKの地域スタッフの行為が迷惑行為に該当すると思われるからです。

21時半過ぎにNHKの地域スタッフが訪問ってどういうこと!!

夜遅くにチャイム鳴らしてスーツ姿の男性が直立しているのは怪しすぎます。

なんだか不吉な予感がしたのですが的中!受信料徴収の集金員でした。

いつもの無駄な会話をして時間の無駄使いにパワーを使うのが本当にイヤイヤなのですが…。

お決まりのつまらない時間を過ごして帰ってももらったのはいいのですが!

テレビを持っていなくてもパソコンやスマホでも見られるから払えってどういうこと!?

ようやく相手は引き下がってかえってくれました。

「今日は厄日だなぁ」と思ってドアを閉めたけど、何だか不気味な気配を感じました。

まだその男性がいたんです。

ごそごそと何かを探してして玄関に得体の知れない印をつけて去っていきました。

無断で塗りつけて消えないからたちが悪いですね。

無許可でマークをつけるのは法律違反だと思いながらもむしょうに腹が立ってNHKに問い合わせたら「そんな教育はしていない」とあっさり言われました。

なんとも怒りが収まらなくて、夜遅くにきていかがわしい印を勝手に残すのは違法ではないの?

契約困難な事情があるにせよ、正々堂々と契約・徴収の仕事をしてください。

もしかしたら、詐欺グループの何かしらの儀式や下準備なのでしょうか?

真相は闇です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です