ミシュランたこ焼き店「はなだこ」1.4億円脱税で追徴課税

ミシュランガイドにも掲載された大阪・梅田(大阪市)の人気たこ焼き店「はなだこ」の運営会社と関連会社の計3社が大阪国税局の税務調査を受けた。

2018年4月までの5年間で計約1億4千万円の所得隠しを指摘されたとのこと。

重加算税を含む追徴税額は約8千万円。

売上を1億4千万円も抜いていたなんて、これは告発すべき重大なレベルです。

1億4千万円という金額を聞くと驚きますけど、5年だから1日にすると7~8万円。

1箱500円で換算すると、1日150個分程度をコツコツとやり繰りしてごまかしてきたと考えられます。

インバウンド(訪日外国人客)効果で売り上げを飛躍して、その一部を申告していなかったのかもしれません。

はなだこは、JR大阪駅東の高架下の「新梅田食道街」の中で営業。

「ミシュランガイド京都・大阪2018」で、5千円以下で質の高い料理を出す「ビブグルマン」として掲載されたこともありほどです。

外国人観光客がひっきりなしに来店していて行列ができる人気店です。

調査を受けたのは大阪府守口市の「芭食サービス」「翠松フードサービス」「新紀」。

国税局は、レジを操作して客が商品を購入した記録の一部を消去する手口で売り上げの一部を除外し、法人税や消費税の支払いを免れていたと判断。

また、従業員の給与にかかる源泉所得税の一部も納めていなかったとみている。

3社はすでに修正申告し、納税したという。

運営会社側は「3社が税務調査を受けたことは事実」としたうえで、調査の内容や結果については回答を控えて無言を貫いています。

億越え脱税でも刑事罰にならなくて、億越えの案件にも関わらず告発しなかった理由が知りたいです。

これでは、見つかったら重加算税払えば済む話でしょという考えを助長してしまう恐れがあります。

見つかる確率なんて氷山の一角だろうし、発見されても6年間分だけです。

7年以上前の脱税は時効になっていまう現行法に問題が内在しているとも考えられます。

今回の件は意図的な税金逃れで悪質な確信犯といっても過言ではない。

売り上げを隠しているから、無申告とも、無茶な経費計上とも違います。

かなり悪質な脱税行為ですし、アメリカとかだと懲役だけど、修正申告で済むなんて日本は甘いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です