米ディズニー+が話題!料金・コンテンツ料など最強の理由

ストリーミングサービス「Disney+(ディズニー+)」が11月12日、アメリカ、カナダ、オランダでサービスをスタートしました。

最大手ネットフリックスが一人勝ちでしたが、メディア大手ウォルト・ディズニーが繰り出した後発のDisney+はどう食い込んでいくのか。

Disney+とNetflix…まさに直接対決となっています。

ウォール街ではネットフリックスの株価が下落している。

 

■料金が凄い

驚いたのは料金です。

Disney+は基本の月額が6.99ドル(約760円)と、ネットフリックスの8.99ドルよりも安く設定してきた。

ネットフリックスにはない年間契約69.99ドル(約7600円)があり、月額にすれば5.8ドルとさらに安くなる。

さらに、ウォルト・ディズニーはHuluに出資していて、「Disney+、Hulu(フールー)、ESPN+」(12.99ドル)というパッケージも興味深いです。

ディズニーのコンテンツは、すごい破壊力がありそうです。

動画配信各社はどこまでオリジナルコンテンツで勝負できるかになりそう。

「Disney +」「ESPN」「Hulu」とブランドが分かれているのも強みになりそうです。

ネットフリックス、Amazonプライムビデオには、映画やドラマシリーズがたくさんあるが、スポーツの中継はほとんどないです。

スポーツの放映権は伝統的に、ネットワークテレビ局やウォルト・ディズニー傘下のスポーツ専門ケーブル局ESPNが独占しているからです。

Disney+のパッケージでは、ESPNの生放送も見られます。

ESPNの中継ではメジャーリーグ・ベースボール(MLB)、アイスホッケーのナショナル・リーグ(NHL)、男子プロゴルフのPGAツアー、サッカーのセリエA、テニスのウィンブルドン、USオープンなどを網羅している。

 

■ファンが熱狂する理由

ディズニー好きなコア層にはもちろん、映画500本ものバリエーションはコスパが素晴らしいです。

Disney+のサイトには、「Disney」「PIXAR」「Marvel」「STAR WARS」「National Geographic」と、名映画スタジオとブランドが羅列しています。

各映画スタジオ別にカテゴリ分けされてるのも良いです。

ストリーミング動画配信への参入が少し遅かった気もしますが、人気出るのも分かります。

そこらの作品を選ぶことができるのはファンにとっては最高でしょう。

これは、ネットフリックスにはないです。

500本の映画と7500本のドラマとなると驚くほどの量で、どれを見ていいのか迷うほど膨大です。

500本の映画と、7500本のドラマは圧巻です。

ニューヨーク・タイムズは「Disney+で見るべきベスト50」まで掲載した。

スター・ウォーズの世界での賞金稼ぎの放浪を描いた話題作「ザ・マンダロリアン」(8話)がオリジナルとしてトップに上がる。サイトの作品メニューの一番上にあるオリジナルにも、「ザ・マンダロリアン」を含めた12作が上がっている。

「トレンディング」にも「ザ・マンダロリアン」は含まれているが、「アベンジャーズ」「アバター」などの過去のヒット作品の他、「アナと雪の女王」「シンプソンズ」「ライオン・キング」などアニメは多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です