Microsoft Officeモバイル版デビュー!Word、Excel、PowerPointの統合アプリ賛否両論

米Microsoftは11月4日(現地時間)、フロリダ州オーランドで開催の年次テクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」で、新しいモバイル向けOfficeアプリを発表して話題になっています。

AndroidおよびiPhoneのパブリックプレビュー版を公開したが、米AppleのTestFlightで公開したiPhone版はすぐに上限である1万ユーザーに達してしまい、ダウンロードできない状態にもなったほど人気とは驚きます。

Android版は上限がないそうです。

最大の特徴は、Word、Excel、PowerPointを1つのアプリにまとめた。

Word、Excel、PowerPointをアプリで統合するメリットがどれだけあるのでしょうか。

従来のモバイル版Officeは、各アプリをそれぞれダウンロードする必要があった。

iPhoneなどのスマホよりも iPadなどのタブレット端末で使うことがターゲットとなりそうです。

新Officeは、Word、Excel、PowerPointを1つに統合し、モバイル機能はすべて使える。

クラウドやデバイスに保存してあるファイルにアクセスでき、付箋にリマインダーや覚え書きをメモすることも可能だ。

iPhoneでは内容確認できれば満足なのでリーダー機能あれば済むのですが、iPadではPCに近い操作性に加えてタブレットに最適なペン入力できます。

iPadOSなら複数アプリを起動できますので、3つのアプリを一つにまとめる方が効率的かもしれません。

モバイル機能として、デバイスのカメラで撮影したテキストをWordファイルに、表組みをExcelファイルに変換できる。

写真やドキュメントからPDFを作成したり、指でPDFに署名したり、QRコードのスキャンでファイルやリンクを開ける。

統合して新たな体裁でリリースということでしょう。

時代の流れでスマホでの仕事がもっとはかどるのを期待しています。

Word、Excel、PowerPointを1つのアプリにまとめたとはいえ、表組みの画像をExcelファイルに変換する機能、PDFへのサイン機能、などが付加されています。

電車移動中にスマホで作業しているけど、文字や画面が小さくて不便は感じています。

とはいえ、Microsoft Officeはもともとパソコン用なので、スマホなどで操作性やバランス等の違和感をどう解消するかが重要になります。

iPad で仕事ができるかと思っていたが、Office関係はパソコンのほうが使いやすいです。

今回のアプリで少しでも使いやすくなれば嬉しいです。

以前のバージョンに比べたら、アプリはかなり安定して向上しているのは分かります。

ただし、Google スプレッドシートが使いやすくて使ってしまう人が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です