イートイン脱税が横行!コンビニ2%逃れは制度が問題

消費増税がスタートしてコンビニエンスストアでは多少の混乱が生じているそうです。

コンビニなどのイートインコーナーを利用する際、本来なら10%が課税されるが、「持ち帰り」と言って、8%の税率で購入していながら、イートインコーナーを利用して2%分の税率逃れしている「イートイン脱税」が問題になっている。

そこで、コンビニ業界が、さまざまな対策を行っているそうです。

日本フランチャイズチェーン協会に加盟す中のコンビニ8社は、ポスターで告知してきた。

しかし「イートイン脱税」が問題になっているのをしていることを受けて、店内放送で申告を促す対策を新たに実施することを決めた。

また、大手コーヒーチェーンの「ドトールコーヒー」では、店内で持ち帰り用の紙コップを使用したい客に対し、「イートイン」と記載されたシールを貼るという方法で区別をしています。

各社が四苦八苦してさまざまな対応をしています。

ところで、店内放送で申告を促すのは果たして効果を発揮する対策なのでしょうか。

そもそも、レジの店員に「イートインで食べます」と申告したにもかかわらず軽減税率を適用した精算がなされていて、店側の誤った対応も多々あるようです。

その結果、「イートイン脱税」になってしまうことも多数起きています。特に外国人の店員に多いようです。これをなんとかする必要もあるでしょう。

消費税の納税者は事業者だが、負担するのはあくまでも消費者です。

消費者から8%で預かれば、8%納めれば済むだけだと感じます。

2%脱税について対策するのは税務署の役目だという意見さえあります。

そもそも制度が現実にそぐわないのだと思います。

持ち帰ったら8%で、店で食ったら10%。

イートイン脱税って言葉間違ってるのにそのまま使うニュース番組やメディアは日本語勉強したほうがいい。

納税は事業者であり、8%受け取ったのを8%で税務署申告してれば脱税ではない。

制度に問題があるのだから放っとけばいいと思いますが、イートインに関しては、早急に制度の見直しが必要でしょう。

厳しくして2%を取ったって店の収益になるわけではないです。

国の税収になるので国に取られるだけです。

お客とトラブルになる可能性もあるから、お店側としては知らんぷりしておくほうが無難でしょう。

まさかお客たちを防犯カメラで調べて8%でイートイン脱税していたら税務署が自宅まで取り立てに行くわけないですよね。

2%逃れって納税者が悪く言われていますが、根底の問題は、制度だというのを改めて考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です