小池都知事がICOに激怒?マラソン札幌開催なら都は負担なし案

2020年東京五輪のマラソン・競歩の開催地をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が発表した「札幌案」が実現した場合、東京都には費用を負担させない方向で、IOCや大会組織委員会などが調整していると報道がありました。

打診や相談、提案ではなく、決定事項だったことに小池知事が怒るのは無理のない話です。

IOCの調整委員会が、東京都内で始まり、会場問題や費用負担などが話し合われる。

マラソン・競歩の東京開催を主張する姿勢を崩していない東京都の小池百合子知事に対し、IOCなどが札幌開催実現のための条件を示し、理解を求めた。

組織委の森喜朗会長も「IOCが言った以上、IOCが持ってと伝えた」と歩調を合わせる。

一方、IOCのジョン・コーツ調整委員長は、選手の宿泊費などの負担には前向きな姿勢を見せつつ、会場変更にかかる経費は組織委の予算での対応を求めていた。

チケットの返還費用や札幌で行う費用など、札幌に変更する事によって負債金額の詳細を説明して、突然に開催地を変更してきたIOCに負担させるように交渉すべきです。

日本人はお金の話をタブー視しすぎるけど、大きな損失を被るのだから、札幌開催なら都税は負担しないのは論理的でしょう。

IOCに全額負担してもらいです。

しかも、これまでに東京開催でかかった費用もIOCに補償を要求したいのが本音でしょう。

これから補償の話をしっかり行うのか注目したいです。

そもそもここ数年の東京の暑さを考えれば、なにをしても施策しても屋外競技を8月に実施できる状況ではないと考えられます。

東京に限らず大都部はヒートアイランド現象で夏は暑い。

そこに真夏開催で分かってたことなのだから、IOCも最初の段階で、東京を選定しない、真夏の前後にずらす、マラソンに関しては郊外、別都市開催などを推進するべきだったはずです。

また、千葉でサーフィン競技をしたり、お台場の汚い海でトライアスロンするとは信じられないです。

日本人でさえお台場で遊泳したいと思わないのだから、選手たちは可哀想です。

これではマラソン他の協議は、全くアスリートファーストになっていないし、おもてなしにもなっていない。

アスリートファーストと言うなら、アスリートにも意見を聞いてみたら良いかと思います。

しかも、札幌の平均気温が東京より5度程低いとされているが、少なくとも今年の夏は東京並みに暑い日が結構あった。

日本に限らず世界規模で異常気象が騒がれてる以上、これが今回だけの騒ぎになるとも思えないです。

早急にオリンピックのあり方を見直さなければいけないです。

開催時期の見直しとか、打てる手はいくらでもあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です