生活苦の未婚ひとり親も国民年金保険料を免除

厚生労働省は、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)年金部会で、所得が低い未婚のひとり親らについて、国民年金保険料の支払いを免除する案を示した。

厚生年金の加入義務を果たしていない事業所への検査強化も提案した。年末に取りまとめる年金制度改革案に盛り込みたい考え。

国民年金の保険料は月1万6410円。

現在は離婚したり、配偶者と死別したりした女性は、年収が125万円以下であれば申請すると保険料が全額免除される。

ただ、近年は結婚せずに親となる人も増え、経済的に困窮する未婚のひとり親も多いと見られることから、男女を問わず免除対象に加える方針。

離婚や配偶者と死別した低所得の男性についても免除する意向とのこと。

未婚のひとり親への支援策をめぐっては、政府・与党が税制優遇措置も検討している。

本当に生活が困窮してる人は助けてあげてほしいです。

社会保障と社会福祉は必要ですから充実な社会に憧れます。

努力しても報われない人もいて、それを簡単に切り捨てる事は良いとは思わないです。

しかし、毎度のことですけど必ず悪用する人が出てきてしまいます。

お役所仕事だと、悪用する人が得をしていて、本当に困っている人は制度利用できてないような印象があります。

悪さの予防と審査は厳選にする必要があるのは当然です。

本来は、本当に必要な人が自然と優先されるのが理想的です。

また、シングルマザー、シングルファザーについては、母親父親が特定できている場合にはお互いに養育費の支払いを明確にするのを義務づけても良いかもしれません。

離婚成立したときに親権放棄した方の親の口座から毎月養育費の半分が引き落としされるという意見もあります。

結婚してスグに離婚する人はすぐ再婚するパターンも聞きます。

どうして男女関係にだらしない人の尻拭いを他人がしないといけないのか!という意見もあります。

そういうお金は事故や病気で死んだ人のためにとっておくべき。

今の時代、普通に生活している人を支援する余裕の無い人は半数以上だともいわれています。

親の資産を頼ってどうにかして生きている若者も少ないし、いつの日か経済苦になるから困窮するのが目に見えています。

限界まで困窮してる人はいろいろと免除されたり手厚い支援があります。

しかし、ギリギリのラインで必死にもがいて頑張ってる人達には何の支援もないケースも多いです。

本当に困窮してる人よりも体調崩したり精神的に大変でしんどい思いをしてる人もいます。

そういう人達にも何かしら少しでも楽に生活できるような支援がある社会になってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です