ヤマトがアマゾンの運賃値下げ!配送業の競争激化の裏事情

国内宅配便最大手であるヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸が米インターネット通販最大手アマゾン(日本法人はアマゾン・ジャパン)との交渉により、宅配の荷受け量を増やし、一部運賃を値下げしたことが分かった。

ヤマトは2017年に取扱数量を制限する「総量規制」を導入し、同年10月1日、27年ぶりに基本運賃を改定して値上げを断行した。

なぜ今、この流れから逆行するのでしょうか?

急増する荷物に対して人手が足りず、ドライバーが疲弊する“宅配クライシス”が顕在化したのは2016年8月のこと。

ヤマトの元ドライバーがサービス残業を強いられる“ブラック職場”を世に訴え、ヤマトは横浜北労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けた。

翌17年の春闘では労働組合が提示した荷物の総量規制などの条件を経営側が受け入れ、妥結。従業員約4万7000人に対して未払い残業代190億円が一時金として支払われた。

前代未聞の事態は、業績にも大きな影響を与えた。例年は600億円強あった営業利益が、17年3月期決算では半減した。ヤマトは働き方改革を推し進めるため、総量規制と共に運賃値上げと人員増を打ち出した。

実に27年ぶりに基本運賃を改定し、大口法人1000社に値上げ交渉を行った。

取材によると、アマゾンとの交渉は従来1個当たり280円前後からヤマトが450円前後への変更を提案し、最終的に4割増にあたる400円前後で決着した。

 

■運賃据え置きか300円台に値下げ

一方で、アマゾンは地域密着した中堅配送業者に配送委託して自社配送網の強化に動き出した。

「デリバリープロバイダ」と呼ばれる提携業者に委託する割合を増やすことで、ヤマトに頼らず、物流コスト全体をコントロールしようと試みたのだ。

当初、デリバリープロバイダは問題が多かった。「日時指定通りに届かない」「配達員の態度が最悪」などサービス品質の面で、利用客の苦情が後を絶たなかった。

クレームを受けてアマゾンは、デリバリープロバイダの担当地域と業者の入れ替えに追われた。

アマゾンのサードパーティーロジスティクス(企業物流の一括請負)だったファイズホールディングスは、宅配を行うデリバリーサービスにおける大型案件の終了で創業以来初めて営業減益になったという記事がありました。

Amazonとの契約期間は基本1年間で、ファイズ自体が軽貨物車を用いた宅配業務について顧客からのクレームが多かった、とも言われており、配送の品質が悪ければ、契約を打ち切られるそうです。

デリバリープロバイダも安泰ではないでしょう。

ヤマトは、働き方改革のための人件費や、外部業者に委託する「下払い費」がかさむ中、「荷主離れ」が想定以上に進んだ。

アマゾンに対する値上げに成功したヤマトは当初、20年以降に再び値上げする予定だった。

しかし、緊急事態を受けて方針を転換した。アマゾンのデリバリープロバイダの広がりに対する危機感もあっただろう。

8月頃から両者は交渉に臨み、関係者によると数量拡大を優先し、400円前後の据え置きあるいは300円台への値下げで合意した。

ヤマトはAmazonに値上げを求め続けることよりも、関係性をきちんとつくり盤石なインフラを目指すことによって、企業としての成長をみつけたのかもしれないです。

日本の場合配達品質が悪いと言われているような企業でも玄関前に放っていく、荷物を盗むというのはゼロではないにしてもほぼ無いので、そもそもの品質が良いです。

荷主として丁寧さは重要だはあるが必須では無いという事が分かると思う。

今後も大部分は価格での競争になってゆくでしょう。

個人事業主のドライバーに業務委託を直接行う「アマゾンフレックス」という仕組みを本格スタートさせており、軽ワゴン車を持っていて、指定の窓口で事業用ナンバーを取得すれば配達業務を行えるのは注目を集めています。

軽ワゴン車はアマゾンからリースでも借りられる。

「働く時間を自分で決める自由な働き方」をウリに、「月額37万~44万円以上の報酬」のようです。

強すぎるAmazonというのが結論でしょう。

結局のところ、国内運輸業に対し、アマゾンが一枚も二枚もうわ手なのです。

サービス品質が高く全国規模で展開するヤマトから荷物量増大と共に運賃据え置きあるいは値下げを勝ち取り、自社網の構築も着々と進めています。

近年からAmazonによる自社配送が始まるという噂があります。

それが実現するならばドライバー争奪戦は既に始まっているでしょう。

ヤマトはドライバー業界では好待遇な方ですが、最近は土日祝完全オフなる運送会社も出てきました。

売り手市場ですからヤマトも今まで通りにはいかないでしょう。

ヤマトとしては値下げと量を好感せざるを得なかった状況に見える。

一方で、Amazonは量のコントロールをもったという点で、今後もデリバリープロバイダーを抱えながら品質を上げて、一層ヤマト含めた業者間の競争を引き出していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です