路上生活者が自主避難所の利用拒否した理由

「風をしのぐために避難場所の外にいただけでも、ここは入り口だから移動してくれと言われた。お前らは人間じゃない、と言われてるようだったね。私たちも人間ですよ」

台風19号が東京を襲った12日、上野公園で一夜を過ごした路上生活の男性がある主張して話題になっています。

男性が野宿をしたのは、台東区が外国人観光客や日本人の帰宅困難者が避難できる場所として解放した、東京文化会館の裏だった。

台東区の災害対策本部は「住所がない」という理由で、路上生活者に対し自主避難所の利用を断った。

「お前らは人間じゃないと言われてるようだった」男性は避難場所のすぐ外で台風の夜を過ごした

男性が仲間と一夜を過ごした文化会館の外。雨風をしのげるものは周りにない。

これに対して、様々な見解が巻き起こっています。

権利だけを主張する人間が増えすぎると社会を維持するコストが甚大になりすぎて、中長期的には結局は維持できないことになる。

権利意識だけを肥大化させることなく、自分でできる社会貢献から始めるべきでしょう。

今回台東区では、町名番地まで指定された土砂崩れの恐れがある一部区域の住人にのみ、避難準備を発令しました。

問題になった忍岡小の避難所はそのための避難所で、区民一般向けの自主避難所とは分けた記載が区HPにもあります。

ここを訪れたとされるホームレスは、避難準備対象エリアにいる人ではなく、少し離れた上野公園にいる人のようです。

上野公園は避難対象エリア外です。

当日は混乱の中、記事中の支援団体あじいるが土砂災害用の避難所に対象外エリアのホームレスを案内したようです。

いろいろと誤解、行き違いがあるように感じました。

命の差別はあってはなりませんが、対象となる人の区別はあるべきだと思います。

有事の際には、住民の方はそれぞれ決められた避難所に向かうわけですし、そこはその居住地にお住いの方だから利用できるべきものです。

住所不定の方はその地域に居住しているかが不明なわけですし、住民税を納めていないわけです。

義務を果たさずに権利を求める事自体が誤りだと感じます。

それに、避難者の方も不安になるのでは。

例えば、疾患で攻撃性がある状態の人が来たらどうするか、感染症にかかった人が来たらどうするかなど、受け入れれば他の避難者に危害が及ぶ人が来た時にどうするのか。

ホームレスの方はその一つ。

強い悪臭のある人が来たら、多くの人は耐えられないでしょう。

台風、怖かったし、避難所を断られる絶望感は想像できます。

おそらく、限られたスペースの避難者に強い悪臭を持つ人が来たら、嫌悪感を抱いてしまうと思う。

東日本大震災の時に知人を訪ねて避難所に行きましたが、臭いがすごかったです。

その場にいる人にしかわからないものでしょう。

自宅を離れて不安な避難をされている方々に、少しでも苦労が減る環境を整えることも必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です