吉野彰氏がノーベル化学賞!旭化成名誉フェローの功績と基礎科学の問題

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈ると発表した。

授賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。

吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。

リチウムイオン電池は携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となり、自動車にも利用が広がっている。

太陽光や風力で発電したエネルギーを蓄積でき、地球温暖化を進める化石燃料の浪費から脱却する技術であることも高く評価された。

共同受賞は、米テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)とニューヨーク州立大特別教授のマイケル・ウィッティンガム氏(77)。

日本のノーベル賞受賞は27人目。化学賞は2010年の鈴木章氏と根岸英一氏に次いで8人目。

授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に賞金計900万クローナ(約1億円)が贈られる。
充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。

しかし充放電を繰り返すと性能が低下する性質があった。

吉野氏はノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見した導電性高分子のポリアセチレンに着目、2次電池に用いる研究を1981年ごろから始めた。

コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池の基本形を85年に完成させた。

リチウムイオン電池の登場で、起電力を上げることができ、小型軽量化も実現。

現代の電池社会で充電できる原型を作られた功績は大きいです。

91年に量産化され、95年の「ウィンドウズ95」の登場とともに情報通信機器の電源として一気に普及した。

電解質にポリマーを用いるリチウムイオンポリマー電池など改良が進み、電気自動車や住宅用蓄電池システムへの利用も進んでいる。

改めて日本の科学技術力の底力を世界に示していただいた上に誇らしい限りです。

ただし、過去のノーベル賞受賞者が日本の基礎科学力の低下に警鐘を鳴らし続けています。

日本人がノーベル賞を次々に受賞する一方で、基礎科学を支える予算は伸び悩んでいるからです。

若い理数系の人材の才能を開花させる施策を政府には次々と打ってほしいです。

ここまでスマホが高性能化しても実用的にバッテリが持つのは考えてみれば驚異的です。

科学の予算が他国に比べて少ない中でのノーベル化学賞の受賞は朗報です。

日本人の誇りです。

若い研究者達が困窮しない様に、これを機に国が方針転換する事を望みます。

ノーベル化学賞受賞、本当におめでとうございます。

ところで、喜ばしいニュースだが、日本人受賞者は現役を引退した年配の方が多いのが気になります。

現役だと山中教授くらいしか浮かばないのが残念です。

世の中への波及効果を考えると、研究実施の30年後くらいになるのも理解できます。

しかし、欧米だとノーベル賞受賞者が普通に現役教授でいます。

日本がまだサイエンスの分野で世界をリードする立場にあると考えている人も多いだろうが、現場では非常に危機感を覚えている。

気になるのは中国の躍進がめざましく侮ってはいけない。

欧米で学んだ層が今は研究の中心となっていて、実際、多くの研究分野ではアメリカと中国でしのぎを削っている。

論文や研究の質も非常に高いです。

日本はもっと教育や研究に投資しないとダメです。

資源がないのだから、技術立国であり続けなければ未来はないでしょう。

ノーベル賞受賞者の方には国家戦略に繋がるような啓蒙を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です