iPadがノートPC化に転換?新OSと機能性アップ

アップル社の「iPad」で搭載中のOS(オペレーティング・システム)として、新たに「iPadOS」が採用された。

これまでiPadは、iPhoneなどと同じく「iOS」で動いていたが、iPad2019年モデルの登場に合わせて、独自のOSに切り替えられた。

新機能はノートパソコンを意識して方向転換していく方向性のようです。

これからiPadは、タブレットから脱却していくのだろうか。

 

■ノートパソコン化に転向

OSとはコンピュータの上で、ソフトウェアを動かす基盤となるシステム。

マイクロソフトのWindows OSが一番有名で、スマートフォンやタブレットでは、グーグルのAndroid(アンドロイド)が普及している。

このほか、大小あわせて様々なOSが存在する。

そんな中のひとつであるiPadOS。iPad専用ということで、これまでのiOSよりも、ハードとソフトの両面からノートパソコンに近づいた。

まずは、複数のアプリを重ねて表示させたり、左右に2分割させたりできる「Slide Over(スライドオーバー)」と「Split View(スプリットビュー)」の機能強化だ。

従来よりもマルチタスク(複数アプリを切り替えつつ、作業を平行すること)が行いやすくなった。

また、マウスが使えるようになったのも大きな変化だ。これまでも外付けキーボードは接続できたが、画面操作は、いちいちタッチパネルで行う必要があった。それがマウスでも可能になれば、よりPCに近い感覚を得られるようになる。

ファイル操作にも手が加えられた。

USBメモリーが接続できるようになったほか、純正アプリ「ファイル」での管理しやすい機能を向上しています。

これまでのiPadはどちらかというと、他社製周辺機器での拡張性があまりなかったため、マウスとUSBメモリーが使えるようになるのは使いやすいデバイスとなっています。

現在使っている12インチのMacBookが無くなって残念な面もありますが、その理由がわかった気がします。

リテールでいくら説明を受けても、エクセル作業とKeynoteを考えるとiPadはMacBookの代わりにはなれないと思っていた。

ただ、これで買い替えをiPadにすると言う選択肢が現実味を帯びてきた。

 

■機能追加

機能追加を見ると、iPadのライバルは、キーボードを付けてノートパソコンの使い方ができる「2in1」へと移していこうとしているように感じられる。

廉価版のiPadは、純正のカバー型キーボードである「Smart Keyboard」に対応してこなかった。

対応するワンランク上のiPad Proは9万円台~とあって、今回は廉価版モデルも対応。あわせて5万円台で環境を整えられる。

2in1の分野で一歩先を行っているのが、マイクロソフトのSurface(サーフェス)シリーズです。

こちらも純正のキーボードカバーがあるが、たとえば「Surface Go」だと、あわせて8万円ほどになる。

Windowsのアプリを使う必要がなく、文字入力がメイン用途だった場合には、iPadを選ぶ人も多いだろう。

ノートパソコンだと厚くて重い。かといって、スマホやタブレットだと、仕事をするには使いづらい。

そんなニーズに対して、新しいiPadは選択肢のひとつになる。

どちらかというと、OSとしてのWindowsとハードウェアとしてのノートパソコン側の進化が止まった感じが強いです
Microsoft Officeを使うには、OSの機能が過剰すぎるし、開発をするにはハードウェアの機能がもっと高機能な方が使いやすい。

つまり程々の性能があるオフィス向けのノートパソコンと較べて、アプリ次第にはなりますがiPadの方が低価格で使いやすいとおかしな事が起こっています。

そろそろ、開発以外のノートパソコンは無くなる時期なのだと思います。

Appleファンの方々は、到底認めないとは思いますが、MicrosoftのSurfaceの方に向かっているということだと思います。

SurfaceもMacbookに相当するモデルもありますが、ほとんど見たことがありません。

Appleの製品も、MacbookからiPad+キーボードカバーに移行するでしょう。

こうなると、Laptopというカテゴリーは、絶滅危惧種に指定されたのかもしれません。

ipadを持ち歩いていましたがやはりパソコンとしての使用となると出来ないことが多いです。

不便でしたがこれで機能が普通のmacbookなどと変わらなくなるのであれば、かなりの利便性は感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です