目黒女児虐待死の判決に賛否!懲役8年とDV認定でも大幅免責なし

東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛ちゃんが両親から虐待され死亡したとされる事件。

この裁判員裁判で、東京地裁は2019年9月17日、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告に懲役8年(求刑懲役11年)の判決を言い渡した。

元夫による心理的DV(ドメスティックバイオレンス)の影響を認めつつ「責任を大幅に減じる事情とみることはできない」と判断。

判決理由で裁判長は、被告は虐待の発覚を恐れて医療措置を受けさせなかったと指摘しました。

児童相談所の関与も拒絶しており「強い非難に値する」とした。

また「結愛ちゃんの苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」と述べた。

親から子どもへの虐待が明らかで、子どもを児童相談所で保護しても、親が逮捕されない場合は多々ありました。

求刑の11年も長いが、下された判決の8年も、保護責任者遺棄致死罪の通例からいえば重いです。

「同居し始めた当時は、結愛への暴行について止めていた」と認めていることを考えれば、多少の情状酌量の余地はなかったかもしれません。

結愛ちゃんは、児相で「ママも叩かれている」と説明していたそうです。

ところが警察には、優里容疑者に「あなたにはあざがありますか?」と返して、気持ちをくじいてしまった。

ここで両者が保護されていれば、この悲劇は防げたのにと思わずにはいられない。

DVと虐待とを連携させて保護するシステムの構築が急務である。

母親でありながら結愛ちゃんを守れなかった罪は重いには否定できない。

しかし、優里被告は元夫の雄大被告の圧迫した心理的支配下に陥っていて、正常な判断力を失っていたと思われます。

子供の虐待を防ぐ方法を国民が考えないといけない。

親を信じて生きるしかない子供にこのようなひどい仕打ちが出来るのか。かわいそうで仕方ない。

児童相談所は、このような母親には子どもを保護や守る能力がないのを的確に把握する必要があった。

「判断能力がないから、児童相談所が対応します」と優里被告にしっかり伝えて、結愛ちゃんを保護する権限が児童相談所にあります。

子どもを虐待する親がいて、子どもを守れない親がいます。

一人では逃げ出せない子供なのだから、虐待に対して児童相談所だけでなく、警察も含めた対応が必要です。

そして、子育てができない女性、できる環境にない女性に対してのなんらかの救いの手も必要なのだと思う。

地域で子どもを守る体制も作っていかなくてはなりませんが、

児童相談所は今後はもっと積極的に介入すべきです。

優里被告には、刑期を全うして罪を償う他に、きちんと更生プログラムを受けて内面を改善して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です