エアガンあおり運転男が出頭し逮捕!器物損壊だけ批判殺到

高速道路であおり運転をした上、エアガンのようなもので、車を傷つけた事件で、愛知県警は器物損壊容疑で40歳の男を逮捕しました。

男は兵庫県尼崎市内の警察署に出頭してきたということです。

これだけ報道がなされて本人も観念したでしょうか。

いずれにしてもなんにせよ捕まって良かったです。

あおり運転どころではないですし、器物損壊はもちろん人間に当たったら怪我だけでは済まされないレベルです。

これだけとりあげられてるし、逃げ切れないと思ったのだろう。

とにかく、あおり運転は人が亡くなることもある危険な行為だし、もっと罪をおもくしても悪くないです。

器物損壊とかそういうレベルではないです。

あおられた運転手がその車ばかりを気にして他の車に気づかなかったり、そのあおりを避ける事で大きな接触事故を起こす可能性もあります。

スピードも出ている道路では死にも至る恐れもあるし、一般道では歩行者に気づかなかったりもあるはず。

あおられた人が気が散らされて人をひいてしまう事だって十分にあり得ます。

ドライブレコーダーに録画されていれば、事故の原因究明や逮捕にも繋がる証拠になりますが、無ければあおられた本人が殺人未遂になってしまう場合もあるはずです。

そして、あおられた人は、恐怖がずっと残る。

その道を通る度に、同じ車種を見る度に、または、自分がただハンドルを握る度に思い出すわけです。

「あおり運転」に限らず、いじめ、痴漢にストーカーも同様で、「人に嫌がらせをする」行為は、相手に「後遺症」が発生します。

エアガンとなると、様々な罪が重複しています。

徹底的に取り調べて厳罰に処すべきです。

しかも盗難車だったと言うから余罪は多そうです。

動画で犯人の顔から直ぐに特定できたのは大きかったと考えられます。

人の価値観はいろいろあるにしても、他人に迷惑をかけることに対して抵抗ない人にはいつも不快感を覚えるのが普通でしょう。

このような異常者はそれなりに存在しています。

怒りや感情が抑えられ無くて冷静な判断が取れないとは驚きます。

これだけあおり運転が騒がれているのに同じことをするなんて、身体はデカイくなり大人だが精神年齢は子供です。

そんな異常者に目をつけられたらとても本当に危険。

それの最上級が京アニのような事件に繋がると考えられます。

真面目に生きてるのに異常者に目をつけられただけで人生が終わるなんて絶対に許されないです。

このようなケースは牽制的な意味も含めて罪を重くした方が良いでしょう。

器物損壊罪での逮捕とのことですが、盗難についても立件されそうです。

あおり運転に関してもしっかり追求して、今回の事件に関係なく厳罰にしてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です