今井絵理子議員に批判と大炎上!内閣府政務官の当選1期スピード就任

自民党の今井絵理子参議院議員が、内閣府の政務官に内定したことがわかり、当選1期のSPEED就任!で騒ぎになりました。

今井議員は、人気ボーカルグループ「SPEED」の元メンバーで、2016年の参議院選挙で初当選した。

当選1期の今井議員が政府の役職に就くのはこれが初めてで、女性活躍担当の内閣府政務官に正式に任命され、第4次安倍再改造内閣の一員となります。

新幹線で妻子ある橋本市議と手つなぎ写真を撮られて、橋本氏は議員辞職と離婚しました。

略奪愛とかわらないです。

議員を続けているのも、不思議だったのに、政務官に抜擢されるとは理解しがたいです。

そんなに、実力が有るんでしょうか?不愉快に感じている意見がネット上で話題になっています。

「タレント議員枠で比例で当選。たいした成果もなく、子供ほったらかして不倫して挙句に、相手の家庭を潰したイメージが強い。」

「政府や政治への信頼がいっそう低下する任命だと思います。」

「政治に対して熱心に勉強してるわけでもなければ、何の実績もない。あるのは不倫スキャンダルだけ。こんな人に一体何ができるというのか。」

「”女性活用”が行き過ぎた結果の起用だろうが、そもそもこの人に何ができできるの?」

などの率直な意見が目立ちます。

今井氏は説明の会見するとか言いながら、逃げまくり結局、釈明ないまま今に至っています。

一般企業なら絶対にあり得ない人事です。

あそこまでプライベートの堕落が判明したら、最低でも自己都合で退職ですし、懲戒でもおかしくない。

しかも税金で議員報酬をもらい続けている。

納得する国民はいるのでしょうか?

説明責任すら満足にはたさない人物、不倫した議員を内閣政務官に起用する安倍政権は何を考えているのでしょうか?

安倍政権はどんな正当性があって不倫議員を任命するのか意味不明です。

不倫していても立派な仕事の成果がある人ならまだしも、今井氏が今日までの政治活動を教えて貰いたいです。

何を焦点にして何を研究してどんな功績を残して来たのか。

これまで政務官になってきた方々は、相当に勉強されてきたと思います。

内部事情は分からないが、そのポストに就任したからには責任持って職務を果たしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です