BMW過剰な販売ノルマと新古車ふえる弊害を徹底解説

独BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京都千代田区)が販売店に過剰な営業ノルマを科していたのは本当でしょうか。

ノルマ達成できなければペナルティーを与えていた疑いがあるとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで同社に立ち入り検査をしたのは9月11日です。

関係者によると、同社は遅くとも数年前から、ディーラー契約を結ぶ国内の販売店に対し、通常の営業活動では販売できないほどの台数をノルマとして設定したそうです。

達成できない場合は、ノルマに届かない分を新車で購入させていた疑いがあるのが事実ならひどすぎます。

こうした車両はまず販売店名義で登録されるため、「新古車」として値引きされます。

そのあとに市場に流通していたとみられていて奇妙な錬金術を展開していた疑いがあります。

中古車サイトを見ると、確かに他の外車に比べてBMWだけ異様な台数の新古車が流通しているのが明らかです。

しかも100キロにも満たないような走行距離に関わらず新車価格から大幅値引きというのだから奇妙です。

数百万円もする外車でそれをやっていては値下げ率を考えると収益なんてあったもんじゃないです。

これでは益々新車が売れなくなるのは明白であって、まさに負のスパイラルだと言わざるを得ません。

某ディーラーの営業担当者が「営業成績が悪いから買い替えてほしい」と何度も熱心に連絡してくると友人から聞きました。

事実だと思いますがバカ正直というか営業担当者としての器量やプライドの無さに唖然とします。

万が一その人から購入してあげてもその場しのぎで自分の立場しか考えないのがバレバレです。

これでは買ってあげる気持ちなんか湧いてきません。

それはともかく、個人対象にした販売目標というノルマは自動車に限らず、保険でも投資信託でもキツいでしょうからお察しします。

年々販売台数が日本市場で上がっていき、達成の翌年は当たり前ですがより大きな目標を掲げされていた!と元ディーラー営業スタッフが言っていました。

日本市場の目標は地方の小さな販売店にも影響が行き、俗に言う空登録させることで無理やり達成させていたのです。

目標達成できない状態が続くと、本部は販売権を剥奪と契約の解除という脅しをかけてくるのです。

車は未使用車として再販売されるとはいえ、中古車と同じです。

特に決算である9月と3月には多くの『登録済み未使用車』が店頭に並ぶそうです。

登録台数の目標を達成できないと達成インセンティブを失う上に、在庫は増え続けます。

これでは名高いブランド車を取り扱っているプライドを失うのは当然です。

単なる高価な車種を販売しているだけの感覚になってしまい、営業のモチベーションが下がるのもわかります。

さらに、強引に販売台数が増えることによって、整備メンテナンスが間に合わなくなります。

整備士の悲鳴によって、ディーラー以外からの購入車両に関しては整備を断り続けるケースもあるようです。

営業担当者たちは販売後のアフターフォローをサービススタッフに責任を押し付け、販売実績をあげることだけに集中してしまうのです。

BMWに限らずいわゆる新古車は、どのメーカーでも当たり前のように作っているのが事実なら嘆かわしいです。

最大の懸念事項として、自らブランドの価値を下げてしまっていることです。

高いお金を出して新車を買ったのに、瞬く間に同じ車が安売りされていたら、もう次回以降はそのメーカーの車を選ばないでしょう。

消費者の行動を研究しなくても理解できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です