100均LEDライトは進化!クローゼットライトが評判高い理由

クローゼットは収納スペースとして利用するうえで、暗くて見づらいのが困ります。

スーツやジャケットを手探りで見つけようとすると、ハンガーから落ちてしまってイライラすることも多々あるでしょう…。

そこで、評判高いのがダイソーから販売中の「COB クローゼットライト」です。

クローゼットの中を照明してくれるアイテムとして、ネット上では様々な声が集まっています。

「予想以上に明るく照らしてくれて驚いた。」

「コストパフォーマンスは素晴らしい!」

「本当に買って良かった。」

「階段下収納の天井につけたら本当に便利になりました。」

など意見殺到しています。

いったいどれほど明るいのか、実際に暗い場所で試してみましょう。

四角い箱にスイッチが設置していて、シンプルなデザインですけど邪魔にならないです。

裏側には壁掛け用のフック穴があって、壁に掛けるタイプです。

ホワイトカラーで目立たないですし、形も良いし邪魔になりません。

まずは裏側の電池ボックスに単4乾電池3本を挿入し、しっかりとフタをネジで止めます。

連続点灯時間は約12時間とかなり長いので、電池の交換は頻繁にしなくても大丈夫だと思われます。

表面のスイッチを「カチッ」と入れてみたところ、表面が驚くほど真っ白く点灯。

COB(Chip On Board)が使用されているため、光量はかなり明るめです。

暗い部屋で使ってみましたが、部屋全体がぼんやりと照らせるほど。

しかし目に光が当たってしまうとかなりまぶしいので、使用の際は注意が必要かもしれません。

クローゼットにも1台付けていて、消し忘れて1日以上たっていましたが点灯いていました。

その後も電池好感度なしで使えています。もしかしたら連続12時間以上かもしれないというコメントもあるほどです。

全体を照らしたいなら、クローゼットの上方辺りに設置するとより効果的です。

スイッチを切り忘れてしまうことがたまにあります。

クローゼットに限らず少しだけ照らしたい所に設置しておくと便利です。

よほど広いクローゼットでなければ、端から端まで光が届いてくれます。

サイズは約70(横)×120(縦)×20mm(厚さ)と大変コンパクトです。

狭いクローゼットでも設置できて使いやすいです。

各部屋の電気スイッチの壁に取り付けている人もいるそうです。

当初はダイソーの防災コーナーに販売していました。いつ停電になっても安心感があります。

裏面には両面テープをつけて使っています。

かれこれ数ヵ月が経ちますが、電池切れも発熱も何ら不自由はありません。

100均はアイデア商品が楽しくて、買うつもりなくても、見回りしてしまう。

試しに買ってみて、耐久性がジャンクなら、ホームセンターで探す。

問題ないなら大当たり!

100均のLEDライトの進化は素晴らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です