ヨガは運動ではない!有酸素運動や筋トレが大切な理由

ヨガは“運動”ではない!という主張するフィジカルトレーナーがいます。

一般的な感覚ではヨガは運動ですし、ヨガを運動だと思って実践している女性がたくさんいます。

運動ではないというのは言い過ぎかもしれませんが、有酸素運動や筋トレの代わりにはならないということです。

生活習慣病の予防・改善、肥満の解消、将来の寝たきりの予防の運動であれば、有酸素運動や筋トレ大切です。

ヨガは精神統一や体のバランス作りであって、運動とは違う側面が多いです。

ストイックにヨガを行うのには、個人的な誤解だと思うが、宗教観すら見えて来て一抹の不安を感じる。

しかし適度なものであればもっと積極的に取り入れて、ストレスの解消等に現代を暮らす我々には有益に思えます。

ヨガは心身をリフレッシュしたり、精神安定という目的なら素晴らしいですけど、有酸素運動と筋トレを行うのも忘れないほうが良いようです。

あるスポーツクラブに通っていたことがありましたが、年配、若い人含めて女性は比較的重いウェイトを使用しての筋トレには消極的でした。

筋力トレーニングを積極的に実践していて、高齢のときに要介護にならないように適度な筋肉を付けたい人は筋肉が無くても細ければ良いという考え方は合わないです。

そのようなスポーツクラブはすぐに退会するほうが良いでしょう。

世界のスポーツクラブでの動画を観ると、外国のスポーツクラブでトレーニングしている会員たちは筋肉もあって健康的な体型の人が多いです。

筋肉が無くても細身体型で良いという方針は、日本のスポーツクラブだけの勘違いなのかもしれません。

また、運動してきましたがやっている途中で「キツイ、ツライ」という運動でなければアウターでもコアマッスルでも筋肉がつかないと実感しています。

ヨガも筋肉を鍛えるという点では圧倒的にピラティスのほうが勝ります。

アウターを鍛えるならピラティスではなくマシンやウェイトを利用するトレーニングが効率良いです。

ヨガではなかなか筋力がつかないと感じていますし、アシュタンガなら結構な運動量ですが、初心者や軽い趣味程度の方は、ついていけないと思います。

女性はストレッチやリンパ、血流を促進することも大切なのでヨガも悪くないと思います。

ヨガ+αというのが理想でしょう。

ヨガをやっても大して筋肉はつかない、筋肉つけるには筋トレ、有酸素も取り入れるほうが賢明ということです。

一理ありますが、ヨガも筋力は必要だし、筋トレが苦手な女性にはオススメのボディーワークの一つでしょう。

運動を日常生活に取り入れる、習慣にするってことが大事だと思うので、その人が楽しんで続けられるのを見つけるのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です