国産ステーションワゴンの人気が激減している理由

1990年代から2000年代初頭にかけて、国内市場ではステーションワゴンが人気を集めました。

以前は大人気だったものが、今ではパッとしない。

流行り廃りはクルマの業界にあって、ステーションワゴンも同様です。

トヨタ「カルディナ」、日産「ステージア」や「アベニール」、三菱「レグナム」といったステーションワゴン専用モデルが販売されています。

それに加えて、セダンも併売するスバル「レガシィツーリングワゴン」、ホンダ「アコードワゴン」、トヨタ「クラウンエステート」も人気を集めます。

目立ったのが、レガシィツーリングワゴンです。

280馬力のグレードを投入した1996年は、年間販売ランキングで10位にランクイン、1999年には8位にまで順位をアップさせます。

ところがステーションワゴンのブームは2000年代後半に収束します。

カルディナやステージア、アベニール、レグナムは消えてしまいました。

現在となっては、メーカーもステーションワゴンのラインナップは激減しています。

 

●どうしてステーションワゴンは人気が激減?

ステーションワゴンは、基本的にセダンの発展形です。

セダンでは独立していたトランクルームを、ステーションワゴンは室内空間とあわせることで、荷室を大幅に拡大しました。

セダンの居住性と走行性能を維持しながら、多くの荷物を積めるのがステーションワゴンの特徴です。

そうした理由で、レガシィツーリングワゴンのように、走りの良さを売りにするステーションワゴンが1990年代には人気を集めました。

一方で1990年代はミニバンも人気を集めていました。

室内空間の広さであれば、ステーションワゴンよりもミニバンが勝ります。

ただし、走りの良さは断然にステーションワゴンが優れています。

そのため室内空間を求めるならミニバン、走りならステーションワゴンと住み分けができていたといえます。

ステーションワゴンやツーリングワゴンは、人と荷物をたくさん乗せて出かける機会が多い人、特にキャンプ、スキースノボ好きに昔は受けていました。

その生活スタイルをカッコいいとする風潮で特に必要ないけどレガシィ系買う人が多かったのでしょう。

ワゴンが売れなくなったのはやはりミニバンの影響が大きかったでしょうね。人も荷物もワゴン以上に積めます。

その後、ミニバンがきてスタイリングにこだわらない人はミニバン流れ、SUVブームになってカッコイイのを欲しい人もそっちに流れたと思います。

ミニバンもSUVも好きでない方々が残ってしまったのが今の状況という分析は興味深いです。

それに加えて今の日本人は昔に比べて車に走行性能を求めなくなりました。

こういう理由からワゴンは売れなくなったと思います。

車の愛好家や運転好きが減っているのも原因だと感じます。

セダンやスポーツタイプの車にも当てはまるけど、走りの快適さや爽快感には興味なく、走れるならそれで良い!という人が増えているようです。

室内の広さのが大事だからミニバンが売れて、でもミニバンの価格が高くなり過ぎたから軽自動車のトール系の車が売れたのでしょう。

自動車メーカー自身が車に興味のない人を育ててしまった結果だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です