日本製品の不買運動など日韓関係を解決できる?

慰安婦問題や徴用工問題などから経済制裁にまで発展し、解決が見えない日韓関係はギクシャクしたままです。

7月頃から、韓国のSNS上では「#BOYCOTTJAPAN」「#NOJAPAN」のハッシュタグで日本製品の不買運動を宣伝されています。

この動向の主役は10代・20代の若者たちです。

過去の情報統制とズレた教育が影響しているでしょう。

韓国の発展は日本の援助なくしてあり得なかったし、1965年に賠償問題も合意出来ている。

しかし、当時の時の政府が国民に対しての賠償を怠った。

その結果が今に繋がるのに、今となって認めてしまうと大問題になるので反日に移行させている。

一部の韓国国民の中には、その時の金を政府は払えってデモやっていますけど、遅すぎるし現政権が対応するとは考えられません。

日本にしても、合意は国家間で結ばれたもので、それを反故にされるとなると受けれ難いのは当然でしょう。

日本の立場を考えると、平行線もしくは離れていくのは仕方がないです。

韓国にとって、日本と疎遠になるデメリットは計り知れない。

日本にも勿論デメリットはあるが、ここまできたら弱腰外交をやめて一度くらい距離をとるのも悪くないでしょう。

そして、金融面でも日本の保証を外してみてください。

韓国の若者は金融危機を2回も救われたのを知らないのでしょうか?

慰安婦合意だって最近の話なのになんで謝罪も賠償もしてない事になってるのかと愕然とします。

教育が変わらない限りこういう子供が増えて大人になっていくわけですから、この先の付き合いはやはり考えないと厳しいでしょう。

国産だろうか、外国産だろうか、どこの国の人も価値があるものは買います。

逆に価値がなければどんなに国産だろうが売れない買わない。

購入基準は価値、価格によって決まる。

今時国産、日本産、外国産で買う人間はいないでしょう。

トランプ政策が嫌いだから、マクドナルド、アップル、コカ・コーラ等・・買わないという人はいない。

買いたい物が自由に買えなければ民主主義が保たれていない。

幼い頃からの反日教育のせいで間違った歴史認識を持っている韓国人が多いです。

一部冷静な思考を持っている人もいるようですが、それが差別の対象となるとは世も末です。

偏った教育で過ちに気づかない韓国人があまりに多いのには可哀想になってくる。

日本ではマスコミも含めて多様な意見を言える自由が保証されているだけでも幸せです。

今までの政権が交わした合意より感情が優先する国とどう向き合うべきかとても難しいがこの機会に毅然と対応して日本は世界にもアピールして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です