AKSに批判殺到!NGT48村雲颯香の卒業発表で運営のブラック暴露

NGT48の村雲颯香が7月18日、NGT48メンバーから卒業を発表した。

運営は公式サイトで6月4日に研究生の山崎美里衣が活動辞退、6月22日には研究生の高沢朋花と渡邉歩咲の活動辞退を報告している。

理由については明言されていないが、山口真帆が暴行を受けた“NGT48問題”から家族と相談して決意したものと思われます。

夢見てNGT48に入った彼女たちがグループから離れなければならない心中を察すると胸が痛む。

しかし早川麻依子劇場支配人の発言には、“NGT48問題”から逃れたいようにさえ受け止められます。

村雲颯香とは、山口真帆が卒業前に「私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、玲奈と、りこと、もふでした」と明かした3人のなかで独りだけグループに残留したが、卒業を決めたのです。

卒業発表のなかで「今年に入ってから両親とも話し合った上で卒業を決意し、2月の下旬から支配人に相談をしていました。私はNGT48からの卒業と同時に芸能界を離れ、新しい夢に向かって進みます」と発言していて、暴行事件から悩んでいた模様です。

早川支配人は7月2日には、NGT48オフィシャルサイトで公表された運営の改善点について「まずはこの改善をしっかり行い、再び新潟の皆様に愛されるように初心に戻りゼロから始めたいと考えております」と示した。

ただ、ファンなどから批判も挙がっています。

「新潟に愛されて無いから、早く解散して欲しい」

「黒いやつしか残ってないじゃんw逆に今チャンスかもとか思ってそうで怖い…」

「運営が守ってくれないグループに、大事な娘を預けられるか。」

「大体被害者とそれを支えていたメンバーを次々に追放しておいて、頑張ればいずれわかってもらえる?意味が分からないんだが?一体何をどのように頑張って分かって貰おうとしてんの?」

「常識人ばかり卒業してブラックなメンバーだけになっていくグループ新潟」

「吉本で岡本社長が記者会見するように、AKSの吉成社長が記者会見すべきだ」

など様々な意見が相次いでいます。

AKSは取り返しのつかない愚策をしでかしたでしょう。

山口真帆さんの事件と関係なくてもつながりメンバーは別の重大な契約違反で何らかの処分しておけば他のメンバーにはダメージなく、スポンサーも残っただろうに…

半年過ぎても活動休止とか異常事態です。

初動で加害者でなく被害者を追い出す展開に持っていく大きな過ちを犯し真相を意図的に明らかにしようとしない運営側。

これでは見切られても仕方ないし、NGTは終わったも同然でしょう。

運営は、世間の目をみんなで欺いていれば怖くない、と思っていたのでしょう。

山口真帆さんを追い出しましたが、そんなことでNGT48を守れると思ったなら勘違いもいいところです。

今迄の状態で「みんなでNGT48を守るんだ」というのであれば直ぐにバレるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です