増税後がお得な家電?消費税率10%で焦り不要

2019年10月から消費税10%になることによって、家電の駆け込み需要が想定されます。

増税前は家電を購入するタイミングだと考える人は多いでしょう

しかし、家電ジャンルによってはそれぞれベストな買い替え時期があるという。

10月1日から消費税率が8%から10%へと引き上げられると、2%とはいえ高額商品になるほど税額は大きいです。

そういえば、2014年4月に消費税5%から8%へ引き上げられた。

5%となった1997年から17年ぶりの消費増税となり、施行直前の14年1~3月は駆け込み需要で消費が過熱しました。

特に家電ジャンルでは大きく買われていました。

内閣府の消費税率アップ後の消費動向等によると、家電主要5品目(冷蔵庫・携帯電話・テレビ・エアコン・パソコン)の量販店販売金額は14年1月が前年同月比プラス25%、2月がプラス40%、3月になるとプラス92%とは驚きます。

今年も増税前は家電の買い時だと考えるのは時期尚早とのコメントもあります。

特にテレビなどのビジュアル家電は、増税後に買ったほうが安くなる可能性が高いケースが多いです。

電器屋さんは消費税増税前の買替えを積極的に勧めていました。

そして増税後、ガラガラな家電量販店では、更なる値下げをした商品がたくさん並んでいました。

あれは、家電量販店が自分で自分の首を絞めたのだと思っています。

生活家電も同様で、2%増税したからといって、量販店の店頭価格が単純に2%上がるわけではありません。

おそらく、セールやポイント還元などで吸収されるでしょう。

また、値段が上がったとしても価格比較サイトなどを活用したり、ほかに取り返す方法がいくらでもあります。

それでは家電の買い時はいつごろでしょうか。

多くの家電は発売直後が価格のピークとなり、次第に値段が下がり、1年後に新モデルが出るタイミングで旧モデルが底値になります。

製品にもよりますが、発売当初の50%前後まで安値になるパターンです。

「型落ち品」となるものです。

新商品にこだわらないなら、新発売後に型落ち品を狙うのが最も安価で買えるタイミングだという。

家電はニューモデルが出てから末期になるまで10ー40%ぐらい安くなっていくので2%の違いで駆け込むほどではないとうことです。

そして、家電には「旬」があり、各社新製品を投入する時期がほとんど同じです。

その時期に売り場へ行けば、市場に残った型落ち品に出合える可能性が高いです。

たいていの家電は安いから買うものではなく、耐用年数に合わせて買い替えるものですが、市場で安くなるタイミングを覚えておけば、割安で購入できます。

今回の消費増税でどれほど駆け込みがあるのか気になるところですが、確かにマイホームを購入するならまだしもそれほど高くない家電で2%は大差ないので増税前に無理して購入するのは時期尚早だと思います。

増税後の値段とそれほど変わらないなら年末セールや3月の決算セールに購入した方がお得になる可能性もあるだろう。

今回の増税は、支援策が充実過ぎて、高額商品も含めて増税後のほうがお得なものも多いです。

計画がある人は事前にコスト評価が必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です