ドンキmajica強い理由!キャッシュレス独自路線と集客力の裏情報

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH、旧ドンキホーテHD)は独自のキャッシュレス化を図っています。

業務提携するユニー・ファミリーマートホールディングスがスマホ決済サービス「ファミペイ」を展開しています。

ドンキでファミペイが使えるようになるのかと思いきや、ファミペイを導入しない方針のままです。

PPIHのグループ店舗で現金以外の決済は、交通系を含めた電子マネー、クレジットカード・プリペイドカード、商品券など、訪日観光客向けに銀聯カードにも対応しています。

PayPayやLINE Payなど流行りのスマホ決済に対応していないが、キャッシュレス決済の選択肢は確かに多い。

グループ内でしか使えないため、他の電子マネーのように知られていないが、majicaはドンキヘビーユーザーであれば、メリットが非常に多いサービスです。

チャージ時にランクに応じて1~5%のポイントが付与され、1000円以上の決済時に会計金額の1円単位の端数が切り捨てられる。

クレジットカードをアプリに登録すれば、そこからチャージできるので、ポイントの二重取りもできます。

ここを出島的に使えれば店頭の決済手段が少なくてもデメリットは少ないです。

ファミペイ残高でチャージできるようにすることだってできなくもないと思われます。

ユニークなのは、バーコードを読み込んで商品の価格を確認できる「価格検索サービス」や買い物履歴を確認できる「m!レシート」、一部店舗で導入している駐車場ゲートの自動開閉機能など、決済だけでなくショッピングを快適にするための機能も多く備えています。

グループ外に出さない理由も、まさにここにある。

PPIHはmajicaを単なる決済手段ではなく、店舗でのショッピングと密接にリンクするツールとして捉えている。

現段階でまだ決済機能の存在感が大きく、他の機能は小さな付加価値にすぎないです。

いずれにしてもリピート率が高いドンキだからこそできる施策だといえます。

アプリダウンロード数400万はPayPayと同水準かと思われます。

ニッチ戦略だとはいえ、マーケティング戦略のうえで面白いです。

他社のQR決済をいれてしまうと顧客の購買データが根こそぎ持ってかれるし、自分たちで分析できないです。

自社の売上を自社であげるためにやっているようにも見えます。

独自の経済圏をもつドンキならではの施策で興味深いです。

しかし、店舗回遊中の仕掛けや独自のSNSを今後実装予定で、それが他社との差別化につながってくるといえよう。

店舗内でのイベントやしっかりと顧客のリピートを考えられている設計に益々期待したいです。

ドンキの独自決済サービスは、顧客の買い物体験を向上させる機能を盛り込んでいるとのことです。

現状、消費者にとってのQR決済サービスは、使い慣れた現金と比較したとき、還元以外のメリットが見えにくい状況です。

ドンキの独自決済サービスが、今後、どのような価値を生み出していくのか、一つのモデルケースになりそうです。

現在、ドンキはデジタルとアナログが融合したスーパーハイブリッド店舗を模索しています。

独自のキャッシュレス決済の未来志向がどこに向かうのか注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です