ママ女性の暴走に非難!公園ベンチで休憩中の男性が不審者扱いで通報された?

公園に立ち入っただけで不審者や危険扱いされてしまったら黙っていられるでしょうか。

警察官だって人間であって、通報者を「公園で休憩するのに許可は不要ですよ」となだめるとなると疲れるでしょう。

先日、公園で中年男性が数人の警察官に囲まれていた激怒していました。

野次馬に事情を聞くと、不審者が出たのだという。

ところが、取り囲まれたその男性は怒った口調を貫き、決して折れない。

実は、この男性は公園のベンチで休憩していただけで、ママ友集団の中の一人の女性が何を血迷ったのか通報したそうです。

女性は男性を通報した本人で、「見かけない男性が公園のベンチに座って休憩していてスマホで盗撮しているかもと思って通報した」ということです。

このママさんは暴挙に走ったのは明らかで、通報された男性が激怒するのも無理はない。

これに逆ギレした女性に警察官は、公園で休憩するのに許可はいらないと諭していた。

 

■疑心暗鬼になり過ぎ

人間、誰でも間違うし、勘違いもします。

今の社会には危険が潜んでいる。

高齢者が乗り回す車はブレーキアクセルを踏み間違えたり逆走するし、通り魔も少なくないです。

いつ、どこで恐ろしい事に巻き込まれるか分かったものではない。

疑心暗鬼になっても仕方ないような事件も多いから不安になるのも分かります。

しかし誤解だったと分かった時点で普通は謝罪するのが大人の振る舞いです。

「私は間違ってない」と言い張る人間が、子供のしつけをきちんとできるとは思えないです。

間違いや悪いことをしたら謝るということを、自分のことは棚に上げて教えても子供は言うことをきかない可能性も高まります。

自分が一番不審な行動をとっているという事の自覚がないことが、すでに終わっています。

厄介事を予防したい気持ちは分かるけれど、やましいことが何もないおじさんを見てもまだ「私は間違ってない」と言い切る思い込みは、かえって危険です。

いろんな事件があるので敏感になるのもわからなくはないけど、明らかにやり過ぎで考えすぎです。

一番おかしいのは謝らないでに怒るのは筋違いで呆れる。

普通の人なら、「ご迷惑お掛けして申し訳ございません」って詫びるべき場面です。

それを「悪くない」って開き直るところが驚きます。

こういう親を持つ子供がかわいそうです。

その程度で通報するなら、営業や宗教の勧誘なども通報されるでしょう。

警察官どんだけいても足りないのが明白です。

以前は道を尋ねだだけで通報された!というのもありましたね。

もうここまで来たか~とちょっと怖いです。

歩いてるだけで通報されるも近いかもしれません。

子供や子連れに親切にしたくても、こんな事件があるとどうすればいいのか分からないです。

話しかけただけ、近寄っただけ、視線を向けただけでも「不審者!」って騒がれるなんて本当に生きにくい世の中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です