赤羽駅の痴漢男の結末!女子高生が追走模様を動画撮影

JR赤羽駅にて、女子高校生たちがサラリーマンの痴漢男を追いかける出来事が発生しました。

赤羽駅で痴漢男が逃走する模様を撮影した動画がSNSに投稿拡散されて話題になっています。

動画は11秒程度の長さで、スーツ姿の男が疾走している現場を2人の女子高校生が「逃げるな!」と叫びながら追走していました。

報道によると30代の男性は別のホームに逃走しました。

駅員に捕まった後、強制わいせつの容疑で逮捕されました。

この動画の中で注目されているのが、現場に居合わせた男性の行動。

逃走する男の前に左足を差し出し、男を転倒させた行動が、ネット上でさまざまな意見が相次いでいます。

「赤羽駅痴漢足引っ掛けたおじさんに驚いた。ただ一歩足を前に出しただけだけどその一歩がどれだけ勇気のいるよね。」

「赤羽駅で起きた痴漢のやつ、アホだな。足ひっかけた人グッジョブって思っちゃった(笑)」

「足引っ掛けた男性の勇気は凄い!」

しかし、一方で逮捕されたから良かったけど、勘違いしていたら危険極まりないです。

転倒した男が階段を落ちていたら多くの人間がドミノ倒しのように倒れるような危ない状況だったかもしれません。

動画を見るかぎり、そういった感想を抱く人がいるのも無理ないかもしれない。

痴漢した犯人がいる一方で、痴漢された人にとっては複雑な心境なのも事実です。

犯罪行為に巻き込まれると、良くも悪くも世間に一部始終が暴露されてしまいます。

痴漢されて声をあげられない人もいます。

それに、行動が正しい悪いというのは結果論でしか語れないし状況次第です。

万が一、冤罪だったり、多くの方々が巻き込まれてケガしていたら猛烈な批判されていたでしょう。

痴漢行為や性犯罪してる人のほとんどが捕まらないし、被害者が泣き寝入りしてしまう…。

もっと厳罰化し、世間も卑劣な犯罪者に厳しくするべきでしょう。

父親が娘を繰り返しレイプ、学校や自宅で盗撮、などこれだけ野蛮な犯人が無罪になるなんて、現行法は加害者に都合良くできてるのが信じられません。

被害に遭って困ってる女性をないがしろになるのは許されないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です