高樹沙耶の投稿に批判殺到!田口淳之介への国分太一の発言に暴言

元女優の高樹沙耶は医療用の大麻合法化に向けて活動を続けています。

そんな彼女が、自身のツイッターを更新して内容で世間を騒がせています。

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたKAT-TUNの田口淳之介容疑者について、ジャニーズ事務所の先輩だった国分太一のコメントを高樹沙耶が「偏見でしかない」と批判しました。

高樹のツイートは、『ビビット』(TBS系)にて、国分が田口に対して「俺の知っている田口はこんな奴じゃなくて、本当に純粋で…」とコメントしたことに対するものです。

「「こんなヤツ」にしているのは大麻が悪いものだという日本の誤った教育からくる偏見でしかない。そしてそれにさらに泥を塗る報道」と高樹は自身の見解を述べ「大麻の現時点で解明された本当の真実に基づいた法改正と真実の流布をお願いします」と思いを綴った。

 

■賛否両論の議論

この発言に対しネット上では否定的な声も目立っているのは当然でしょう。

「吸いたければ。カナダ国籍でも取得すればいいだけだ」

「ルールを守れないなら日本から出てけ!」

「いくら害が無いと言われても、法律で禁止されたものを使用するのはどうかと思う」

「ルールを破っていい理由にはならない」などたくさん挙がっています。

高樹沙耶の事をいちいち報道する意味あるのでしょうか?

日本でこんな発言を堂々としているのがまずいとか恥ずかしいと思わないなら、日本にいられないしメンタル面で既に破壊しているとしか思えない。

大麻をやっているとこうなります!という弊害の立派な典型です。

大麻が良い悪いではなく、日本の法律に抵触したのが問題なわけです。

そこに問題があり、話をすりかえないでほしい。

そして必ず大麻の事になると合法の国の話を出してくる人間がいます。

2018年にカナダが娯楽用大麻を合法化したように、大麻を合法化している国や州は増えてきています。

日本では違法なわけだから、そんなに大麻が吸いたければその国に行けばいいだけです。

そもそも高樹さんも大麻で捕まっていて、「大麻愛好家」をアピールするとは意味不明です。

犯罪者の言う事を誰が聞くのでしょうか?

まさに脳を大麻でやられているとしか思えないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です