LINE Payの300億円祭に受取拒否続出!詐欺だと思った、本人確認が面倒など

LINEが5月20日からスタートした決済サービス「LINE Pay」のキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」。

友達に“タダ”で送金できることから、SNSなどで話題になっています。

しかし、一部の利用者は「詐欺かと思った」「登録の本人確認が面倒」と困惑しているようだ。

「詐欺かと思った」というのは、笑い話のようで深刻な問題との意見も挙がっています。

5月20日から29日、自己負担なしでLINE上の友達に1000円相当の電子マネーをプレゼントできます。

何人でも送付できるが、一人が受信できるのは一回(1000円)だけです。

期間中であっても、電子マネーの総額が300億円に到達した時点でキャンペーンは終了する。

1000円相当の電子マネーを貰えて喜びの声を報告する人もいる一方で、「知り合いに送ったら詐欺だと勘違いされた」「1000円をもらうために、本人確認(LINE Payの登録)するのが面倒」といった声もある。

何人でも送れるが、一人が受け取れるのは一度(1000円)だけ。

期間中であっても、送られた電子マネーの総額が300億円に到達した時点でキャンペーンは終了するそうです。

1000円相当の電子マネーを受け取り喜びの声を報告する人もいる一方で、「知り合いに送ったら詐欺だと勘違いされた」「1000円をもらうために、本人確認(LINE Payの登録)作業をするのは面倒」といった声もある。

1000円相当の電子マネーを受け取るには、LINE Payの登録と同時に、写真付き身分証の写真をアップロード、銀行口座登録、郵送といった手段を使って本人確認を済ませる必要もあります。

これでは手間がかかり過ぎるのは否めないです。

普通のLineユーザーは、家族や友達など限られた人たちとのメッセージのやり取りにしか使っていません。

Lineペイは、聞いたことがあっても使う気すらない人がたくさんいます。

要するに、Lineペイを使う為の本人確認手続きの手間賃が、この1,000円ということなのでしょう。

知人関係を利用したキャンペーンが吉と出るか凶と出るかは、今のところ評価できるとは思いません。

きっと1,000円の為に本人確認手続きをしてくれるとは思えませんし、信頼関係にヒビを入れたくないのでキャンペーン送付しない人は多いでしょう。

あと、d本人確認完了を増やすための戦略ですが、eKYC(法改正でKYCが本人限定郵便→スマホでの本人確認)解禁でハードルはかなり下がりました。

具体的には、アプリ経由の入出金が可能となり、個人間送金アプリとして本領の発揮が可能となります。

ただし今までは面倒すぎてアカウントを作らなかったりKyashを使ったりしていた。

PayPayの20%offも10連休のメルペイ50%offキャンペーンも「ユーザの本人確認をカネで買う」一連の戦略だったと思います。

これで本人確認済みのアカウントが増えると、一気に割り勘など個人間でもキャッシュレスが進行するでしょう。

多額のプール金を保有している「メルペイ」、ソフトバンクを後ろ盾にして莫大な資金力を武器にする「PayPay」、アクティブな潜在顧客数で先導する「LINE Pay」。

この三社による熾烈な競争が激化するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です