終身雇用制度は限界!働き方改革で年功序列・年功賃金は時代遅れ

経団連の会長とトヨタ社長が終身雇用にネガティブな発言によって、不安が広がっているようです。

もともと終身雇用という制度は、一部の大手企業だけが導入していました。

日本企業の多くが終身雇用制度を取っているように感じるのは、高度成長期に慢性的な人不足を解決するために、早期に若い労働力を確保したかったわけです。

働く人間を囲い込むために、福利厚生など労働者が長期間勤務しやすい環境を提供した結果に過ぎない。

今も昔も、終身雇用制度が日本企業に根付いているという考え方自体が幻想に過ぎないというのを理解しておくべです。

終身雇用は、年功序列・年功賃金と密接に関連しています。

日本の企業が終身雇用をやめて解雇をどんどん行うとなると、リストラされた方々が大量に生まれて、人材の流れが加速するうえに、必死に能力開発やスキルを鍛える人が多くなるでしょう。

ただ現状及び近い将来は、終身雇用のある会社にいるほうがメリットあるという見方もあります。

大きくなっていく受け皿を睨みながら、辞めるか転職するのかを冷静に決断できるからです。

おそらく公務員を希望する就活生が増加傾向になるとでしょう。

また、年功賃金制の下で、若い時分に安月給でこき使われた面々への補償をどうするかという問題も出てきます。

若い会社員が給料を上げるように騒いでいますが、実現するのは難しいでしょう。

終身雇用が無くなる意味は、若者が良いとか高齢者がダメとかではなくて、結果を出せる人間だけを雇用するという傾向になります。

若くても実力を発揮できるなら出世するのは当たり前ですけど、結果出せない人間はリストラ要員になりやすいです。

出世したいならば結果を出してアピールするのは必要です。

今まで油断して努力してこなくても年功序列で給料を上がっていた時代は終わって結果至上主義になりつつあります。

終身雇用を無くすと同時に、全面的に副業を解禁する動きも加速する。

会社と個人を自律した大人同士の契約になるのも時間の問題かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です