バスケ人気の理由と可能性!Bリーグの評判・売上げ・成長戦略を徹底解説

日本のプロバスケットボール「Bリーグ」は、2019年5月11日、発足3年目のシーズンファイナルを迎えた。

日本のバスケ界は2014年からの2年間、社会人の実業団リーグ(日本バスケットリーグ)とプロリーグ(BJリーグ)の2リーグに分裂したのが原因で、国際大会から排除されたという屈辱を味わいました。

2015年の旧2リーグ時代の市場規模は、日本バスケットボール協会(JBA)と合算しても20億円程度でした。

しかし、Bリーグ発足2年目の2017年には、2015年度の10倍以上の273億円まで激増しました。

地の果てから再生し、2019年9月には男子日本代表が13年ぶりのワールドカップ出場を果たす。

さらに2020年には、44年ぶりとなるオリンピックで試合することになります。

Bリーグは現在、野球のイチローや、サッカーの三浦知良のようにスーパースターが存在しませんが、デジタルマーケティングやアリーナビジネスなどのマーケット戦略を駆使して集客に成功しています。

どうやって、バスケは国際社会に復帰し、絶大なる人気を獲得できたのでしょうか。

エンターテインメントとテクノロジーが融合したのがBリーグです。

2026年に向けたリーグの構造改革、リーグ&協会が一枚岩となった運営など、日本代表のW杯や五輪出場という追い風もあってバスケブームは加速して行くでしょう。

試合的には得点などイベントが多く、エンタメ的な仕掛けも多彩なので、さまざまな広告宣伝や集客戦略の仕掛けを実践していて興味深いです。

バスケットボールのBリーグ、2017年からU15のチームを持つことを義務付け、2年後の2021年をメドにU18のチームを持つような改革も気になります。

社会貢献活動だけでなくビジネス投資を基本とする事で、クラブ内外のメンバーの意識が変わる、という観点はとても重要だと感じました。

Z世代としても成長市場になる要素もあると思います。

バスケ漫画でいくと「スラムダンク」、「リアル」、「あひるの空」、「黒子のバスケ」
まではバスケブームが到来していたと感じますが、近頃はエンタメマンガの躍進は落ちているようです。

昭和はプロ野球、平成だとJリーグ、令和の時代はBリーグでしょう。

プロバスケの選手数は1チームあたり12〜13人。サッカーは30人程度、プロ野球は70人ほどです。

年俸などコスト面で比較すると、バスケは製造原価が最も格安です。

売り上げが安定すれば、一人当たりの選手の価値は、野球サッカーを越える可能性もあります。

これからのバスケットボールの人気の盛り上がりに期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です