Z世代とミレニアルの違いとワークライフバランス多様化

Z世代の定義について、95年から00年生まれとなってますが、95年〜05or10年くらい生まれの人たちと考えられてることが多いです。

今までミレニアム世代だと思ってきた人は、世間でよく聞く「ミレニアム世代感というところとなんとなく合わなかった」と話していました。

日本で「Z世代」というカテゴリーで価値観の変化がどこまで語れるのかはまだ分かりにくいところもありますが、確実にソーシャルサービスへの考え方は変わってきている。

世代分けした呼び名は、あまり喜ばれないことも多いですけど、SNSの使い方について違いがあることのは同意できるところが多い。

ミレニアム(M)もZ世代も変わりはないようにみえますが、Z世代はソーシャル・ネイティブといわれるだけあって、SNSの使い方がミレニアムと大きく異なっていて興味深いです。

一つのSNSでの複数アカウントを使用したり、会ったことがない人とメッセージをやりとりしたりオフ会に参加したり、写真加工などの編集はお手の物で、自然なことだったでしょう。

確かにこう考えてみると、Z世代が作ったサービスというものはあまり存在していないし、Z世代が会社も社会を担っていくでしょう。

その一方で、Z世代はお金や結婚、キャリアに対しては保守的という一面もあるらしく、もはや全然理解できそうにないことだけはわかります。

Z世代の仕事感が面白かったです。ワークライフバランスへの関心が少なく、仕事への親の影響がかなり強いです。

出世よりも趣味、家族、友人を重視するイメージ。

将来の夢はほどほどの収入があって大切なものを大事に出来ること。

Z世代はミレニアル世代より現実的で「楽しく働く」ことで自己実現しようとしているように感じます。

Z世代はお金や結婚、キャリアに対しては保守的という一面もあるらしく、もはや他の世代が全然理解できそうにないことだけはわかります。

Z世代の親というのは日本でいうバブル世代。

Z世代はバブル崩壊を知る親世代たちから保守的な思考を感じ取ります。

また、彼らは、デジタルネイティブなのでコミュニケーションや自己表現が多様化しています。

そのため、新しい価値観が生まれてイノベーディブな世代になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です