ホワイトカラー消滅の理由!働き方改革で終身雇用の崩壊

働き方改革法が施行され、個人が働き方の見直しを迫られる時代です。

技術革新と働き方の変化によって、企業中心から個人中心の社会が到来していく過渡期です。

なぜ働き方に変化が生じるのか、現代社会の働き方の課題と未来がどうなるのか興味深いです。

自分はどのように働きたいかを、きちんと考える時期でしょう。

経団連の言う「終身雇用」は、「長期雇用」や「無期雇用」となります。

しかし、この長期雇用を継続できない時代になっています。

日本型雇用は社員全員で同じものを目指して同様のことを継続していれば成長できた時代であれば万能でした。

しかし、個人仕様にアレンジして個別対応が要求されている現代社会においては適合されなくなってきました。

日本型雇用で飼い慣らされた労働者、特に大企業サラリーマンには、本当に厳しい時代が迫っているでしょう。

解雇4要件は残酷すぎるかもしれません。

必要に迫られるまで判断を先伸ばし、突然に不本意な異動やリストラを行うことには疑問を感じます。

世界各地の労働者の動向は、旧態依然の仕事から抜け出せなかった側と、変われた側との対立構造になっています。

日本は、高齢者世代と若い世代の社会保障対立みたいな構図になっていて、問題をわかりにくくしている。

新たな価値を生み出すためにも、若手がイノベーションを起こしやすい企業風土が確立されないと危ないです。

製造業や銀行業で報道される配置転換のニュースは序章に過ぎません。

ホワイトカラーの消滅と中産階級の没落で社会はどのように変わっていくのでしょうか。

もはやライフシフトどころの話ではなく、教育システムや職業訓練制度の抜本的な改革は当然として、経営者と雇用者が意識転換しなければ生き残れないでしょう。

健全で強い危機感を抱いて対応していくことが必要です。

国は、企業が半分くらい負担していた、社会保障的な機能を国家や個人に移行させて企業の負担を減らさないと、正社員とフリーランスの就業格差が縮まらないという意見もあります。

その結果、企業は活躍できない人材を減らせないで倒産し、個人は企業の奴隷となって崩壊する恐れもあります。

そして「働き方」から「生き方」を尊重する時代に移行するでしょう。

「何のために働くのか」ではなく、「何のために生きるか」・・・この枠組みで創造して行動する事が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です