飛行機の墜落事故で安全な座席はどこ?

飛行機による墜落事故は比較的発生しにくいといわれています。

1985年8月に群馬県御巣鷹山に墜落した日本航空123便墜落事故では、520名もの死者を出しました。

日本の航空機事故で最大のこの事故で、生存した4名はいずれも後方座席に座っていたといいます。

落ちればどこに座ってたってあまり変わらないのかもしれません。

JAL123便では四人の生存者は後方に集中していましたが、中華航空140便は後部から墜落しました。

今のご時世、LCCが普及してい、安価に飛行機を利用できるようになりました。

その分、事故に遭うリスクを回避する安全性がますます重要になっています。

厳密にどこか安全なのか断言できないのが実情ですけど、飛行機の座席はどこに座ると比較的安全なのか気になりる人が多いでしょう。

飛行機墜落事故では、飛行機の座席はどこに座るのが最も安全なのか気になるところです。

まず機首側は追突や失速で真っ先に破壊される部分になります。

一方で、尾翼は構造上頑丈で1番最後に壊れるとされています。

機体各部の剛性・強度や当たりどころにも左右されるだろうが、構造強度だけでいうならば、主翼後縁の桁上が最も壊れにくいといわれています。

主翼上へ降りる緊急脱出ハッチも、大抵はこの辺りに幾つか用意されているので、ある程度説得力あると考えられます。

とはいえ、離着陸に失敗した時は尾翼側が地面に接触するもの。
実際はどうなのでしょう?

飛行機機墜落事故実験で、機体前方・中腹・後方の座席のうちどこが最も安全か判明した!という記事がありました。

ただし、この内容は仮設を作って検証しただけです。

飛行機の座席による生存確率は事故のケースによって大きく変わるのが本音のようです。

例えば、機内で火事が発生した場合は、前方や非常口近くの座席の生存率が高いとのこと。

逆に後方の座席は、逃げ遅れてしまうことになってしまいます。

結局のところ、飛行機の座席による生存確率は事故のケースによって変わるということです。

どこに座ろうと、基本的に飛行機事故の場合は、ほぼ死を覚悟したほうが賢明なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です