白バイが速度無制限の理由!スピード違反取り締るのみリミッター解除

「白バイ」は世間の一般ドライバーには末恐ろしい存在でもあります。

大型バイクとはいえ四輪車よりサイズは小さく、トラックや乗用車の陰に隠れて気づかないこともしばしばです。

そして、スピード違反などの違反車両を取り締まるテクニックや加速性能はスゴイです。

また、白バイはスピード取り締まりの最中に制限速度に関係なくて走行することもできます。

交通違反者を取り締まる白バイの大半が都道府県警の交通違反取り締まる「交通機動隊」に所属しています。

現在、日本を走る白バイの多くはホンダ・CB1300SFをベースにした専用モデル「CB1300P」です。

CB1300SFはスピードリミッターがなければ200km/hは軽く出せるそうです。

そして白バイは法律上決まった任務の場合、速度無制限で走ることもできるのです。

実は白バイにも、製造メーカーの自主規制により180km/hでスピードリミッターがかかる、という話もあります。

とはいえ、法律上の条件を満たせば250km/hを出そうがスピード違反にはなりません。

■スピード取締りは速度無制限

白バイが速度無制限になるのは、あくまでもスピード違反を取り締まるときに限られます。

街を流している際は、一般の自動二輪車と同じで、高速道路なら最高100km/h、一般道なら60km/hが最高速度です。

速度制限の標識がある場合、それにも従う必要があります。

そして、スピード違反を取り締まる際は緊急走行扱いになるため、赤色灯を回しサイレンを鳴らすのが原則です。

ただし、状況によってはサイレン音を鳴らさなくてOKというスピード違反取り締まりの例外規定が存在するため、赤色灯だけで取り締まるケースもあるようです。

前方に遅い車があると緊急時でもないのにパトライトとサイレンを鳴らしてジグザグ走行で抜いて100キロぐらいの速度で走るのをよく見ます。

しかも車線変更・追い越し禁止のオレンジの白線を無視している白バイも居ました。

白バイによる速度取締りはいつまで昭和のアナログな取り締まりをやっているのも気になります。

目測により車間距離を一定に保って速度を合わせて計測するというもので、警察官の勘による超アナログなものです。

訓練しているといっても超アナログには変わりない。

取締りによって確認させられる速度はあくまで白バイの速度にすぎない。

主要道路全てにオービスを制限速度で取り締まればいいだけです。

本当に事故を未然に防ごうと思うなら、クラウンや大型バイクで隠れていたり、ウロウロ走っていないで、警察官が各交差点に立っているほうが事故予防に役立つはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です