10年後に仕事なくなる?AIで必要不要なスキルの真相

マイケル・オズボーン氏は、かつての論文『雇用の未来』で「10年後に今の仕事の半分はなくなる」と予測して一躍有名になりました。

最近の論文『スキルの未来』では、当時の推測を改めて「仕事は残るが、求められる『スキル』が変容する」という姿勢です。

「プロフェッション」にこだわらず、汎用性の高いスキルを身につけることが、今後10年の生存戦略になると語っています。

「スキル」であって「職業」でないことが大切でしょう。

「職業」は「スキルの集合体」なので、「職業全体が失われる」ことはなく「スキル単位で部分的に失われる」という理解が正解。

基本的に「より人間がやるべき複雑なタスク」に集中できるので、良いことだと考えるべき。

「仕事がなくなる」わけではありません。

ただ「仕事に求められるスキルが変わる」ということです。

接客業ならより「人対人のサービススキル」です。

また、トップは「新しいことを学ぶスキル」が求められるでしょう。

今出来てはいないけど自分の中にある自分に対するヒリヒリする焦燥感は間違っていない。

結果的に対人関係の需要が減るどころか増えます。

「人間のことを深く知ること (ソーシャル・インテリジェンス)」が重んじられて、接客サービスを行うウェイターウェイトレスの需要が増えます。、人間による接客の方が好まれるからです。

通訳に関して、通信機器などで完全に対応できないです。風習文化のバックグラウンドがあるからです。

今まで「人間は仕事を失う」などの大げさな話題ばかりが先行して伝えられていました。

AIの普及と同時に新しい職業が次々と誕生しています。

AIによる雇用の減少に対応するほどの人的労働力が必要なるそうです。

これによると、労働力の需要そのものは相対的に減らないということです。

少子高齢化で労働人口が減少すると、経済に与える負の影響は大きいです。

日本は高齢者が増加し続けるので、その社会的機会費用を支えるためには、一人当たりの生産力を高めながら、労働力を補うことが必要だと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です