200万円のアルバイト?寝ているだけの仕事内容に驚愕

4月5日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で紹介された内容に意見殺到しています。

水卜麻美アナウンサーが、「寝ているだけで200万円貰えるアルバイト」を紹介しました。

鮮烈な内容で、番組視聴者たちから多くの反響が相次いでいます。

■60日間寝ているだけで200万円

水トアナが番組中に「寝てるだけで200万円貰えるアルバイト発見」「稼げる仕事」と、MCの加藤浩次とハリセンボンの近藤春菜に報告しました。

NASAなどが行っている実験で、頭部が6度傾いたベッドで60日の間も寝て過ごすというものです。

60日間、食事も排泄もベッドに横になった状態で行い、最低でも片方の肩がマットレスに付いている状態を維持し続けなくてはならないという。

番組では、宇宙で宇宙飛行士が体に受ける影響を再現していました。

水卜アナは「頭部を少し下げることで、体液の状態が無重力の感じに似てくるそうなんです」と説明した。

宇宙に行って筋肉や骨が衰えていく状態を再現しなくてはならず、その後、実験結果を見ていったり、健康回復のために1ヶ月くらいかかるので、実験に携わる期間は実質89日ほどになるのだそう。

さらに、ドイツ語を流暢に話せるのも必須条件とのことです。

 

■ネット上では否定論が山積

アルバイトの内容に、SNSなどのネットユーザーの間では様々な感想がつぶやかれています。

「以前に入院した時に一晩安静にしてないといけなかったんだけど、それだけでもキツかった。このバイトで、200万円では安いくらいしんどいと思う。それに寝たまま排泄は屈辱的。」

「1週間ベッドの上にいるだけでもきついのにかなり過酷でしょう。

200万円では安すぎるし、24時間ずっとなのは辛いだけです。

立ち上がれなくなって筋肉そうとう落ちるだけです。」

「手術をして2週間くらい寝たきりになったことがありましたが、歩き始めの時は2、3歩歩くことにも苦労しました。

「お風呂も入れないだろうし、健康的にも衛生的にも精神的にもキツイ。200万もらってもその後の医療費の方が高そう。」

60日間寝たきりだと、床ずれとかは問題にならないのだろうか?」

このバイトは「寝てるだけ」とは聞こえが良いです。しかし、実際は「寝てる以外は何もしてはダメ」と言う事なので、もの凄く過酷なバイトです。

200万円では安過ぎるし、被験後に元の身体に戻るにも大変な苦労を伴う上に元に戻る保証も無いです。

筋力が極端に低下してバイト終わったあとは病院通いが確定だと思います。

時給換算で1389円!!という意見もあって、まさにブラックバイトという考えにも納得できます。

体を張って宇宙研究に貢献できるアルバイトとはいえ、命を懸けてやる仕事だとは思えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です