Appleがエアパワー発売中止の理由!ワイヤレス充電マットの問題点

米アップルは、ワイヤレス充電マット「AirPower(エアパワー)」の開発中止を発表して話題になりました。

iPhone・AirPods・Apple Watchをパッド上のどこに置いても充電可能というのがAirPowerの最大の魅力でした。

発売をまっていたファンたちは残念でしょう。

2017年9月、「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の発表時に、iPhoneや「アップルウオッチ」、「エアポッド」を同時に充電できる製品としてエアパワーを紹介していました。

エアパワーはiPhoneやiPad(アイパッド)、Apple watch(アップルウオッチ)ほど大きな利益にならないかもしれません。

しかし、2018年に発売と説明されていましたが、同社が発表済みの製品の中止を決定するのは滅多のない事です。

Appleによると、エアパワーが高い基準に達しないとの結論に至り、プロジェクトを中止したと説明しています。

同社が発売中止の理由を厳密に説明していませんが、ソフトウエアや過熱などに関する課題に直面していると明らかにしていました。

品質を重んじるクックCEOの妥当な決断でしょう。

歴史的には、納得できない製品を市場に出さなかったと称えられるかもしれません。

エアパワーはアップル製品の中でも単なる充電システムであるが、不良品を出すよりはボツにする姿勢は安全に通じるため評価できるでしょう。

そもそも、主流のワイヤレス充電規格の占めている「Qi」とアップル独自のワイヤレス充電規格、双方が熾烈な戦いを繰り広げていました。

サードパーティのQiワイヤレス充電器で、既に複数台を同時に充電できる商品ものが既に世の中にあります。しかも価格はあまり高くないです。

エアパワーとQi充電の相違点は「好みの場所に置いても充電可能」ということです。

Qi充電器はコイルの位置関係で、充電できる設置個所が限定されます。

好きなように置いても充電できるというのはユーザビリティーは、アップルの独創性を感じます。

しかし、ワイヤレス充電できるかどうかを比較したら極めて重要性の低いものだと判断できます。

Appleが自社で防護フィルムをださないように、付加価値として訴求していく分野ではないという結論に達したのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です