職質対象になる言動や外見的特徴

職質される人は何度でも呼び止められて毎度の職質対象になると聞いたことあります。

各自治体の警察署によって職質対応マニュアルや職質ルールがあるそうです。

2008年の秋葉原通り魔事件が発端となって、少しでも怪しそうであれば職質するように頑張るのが千代田区の方針になったそうです。

そして、警察に職質されやすい外見的にさまざまな特徴と理由があるのをご存知でしょうか。

 

■職質基準は身なりや言動

警察官が職質のターゲットに選出する基準には、服装や目の動きで判別します。

そして、全身の身なりを参考にして取り締まるの中でもミュージシャン風の方々は職質の標的になりやすいのはもはや都市伝説ではないようです。

職質されやすい外見的特徴の理由がとても気になります。

長髪、金髪で頬がこけて痩せた体型の外見ですと、薬物常習者や薬物所持が疑われるからです。

自動車では汚れている高級車や蛇行運転など、奇々怪々な車両もターゲットになりやすいです。

大麻や覚せい剤などの違法薬物で心神喪失、、あるいは盗難車の疑いをかけられます。

ほかにも、自分のクルマじゃないので愛着が無くて汚したままにしている、窃盗車で整備に出せない…などの理由が考えられます。

職質の対象にされやすい外見的特徴はほかにもあります。

入れ墨、鼻ピアス、茶髪金髪緑髪チョンマゲ、ドクロネックレス、サングラスや目深な帽子とマスク…。

これらは窃盗の疑いの他に、武器など危険物所持、住居侵入の疑いがかけられやすいです。

ちなみに、職務質問は任意ですから断れます!とコメントしている人もいますけど、実際に断るとひどい経験した人がいます。

応援のパトカー2、3台ほどがサイレン最大音量で鳴らしながらやってきて、10人近い警察官に取り囲まれるだけです。

大きなバッグを持っているだけで職質されることも多いです。

都内ではハサミ、ナイフ、カッター、エアガンのような物品が職質で摘発されることも多々あるのですから、職質が悪いわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です