男性に不倫の別れ告げた後の言動に批判

不倫を続けて盛り上がっているとき、「離婚する」という相手の言葉を待っている人は少なくないです。

ところが、不倫関係に耐えられなくなって、別れを告げるとなると様々な悩み事が沸き上がってくる…。

そのような相談が投稿サイトに書き込み増えていて話題になっています。

 

■別れを告げるが…

20代の独身女性は、年上の既婚男性と2年ほど不倫しています。

日々辛くなってきて、不倫関係を早く終わらせたいと考えるようになったという。

そこで、この女性は不倫相手の男性に何回か別れを告白したそうですが、男性は受け入れないそうです。

男性によると、夫婦関係が終わっているけどまだ離婚はできないからあと少し待ってほしいと要求されたとのこと。

 

■不倫の末路は辛いだけ

不倫関係を終わらせたいと思う一方、離れる覚悟できない女性。

不倫男の「妻とは別れる」は嘘のケースが多いです。

若い女の肉体を好きなようにもてあそんで利用してるだけの男が大半です。

そこに幸せはありません。

不倫の関係のまま腹をくくれないのであれば別れるべきでしょう。

男性の離婚の話はたいてい虚言ですから、女性は20代を無駄に使わないで素敵な恋愛をするほうが賢明です。

いつまでも信じてるのが嫌なら期限を設けるのも悪くないです。

「いついつまでに離婚してくれないと別れる。離婚する気があるのなら、離婚したら連絡してください。」といって、とりあえず一度別れるほうが良いでしょう。

そもそも女性側も加害者だという認識がないことがおかしいです。

既婚者と知った上での不倫は女性の過失ですし、慰謝料請求される訴訟対象になる可能性もあります。

不倫してる時点で同情なんてできませんから、被害者のように悲劇のヒロインぶっているのが理解できません。

男性の奥さんに知られる前にキレイに別れて新しい恋人を作るべきです。

離婚するなんて男の常套句です。

男性は離婚すると慰謝料、養育費、財産分与など様々な支払いが振り掛かってきます。

そんな男性と本当に幸せになれるのでしょうか?

きっぱりと関係を断ち切るのは難しいが、新しい恋を見つけることが幸せの近道でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です