男児の鎖骨折った暴力男に批判殺到!虐待される子供の将来が不安

小さな子どもが傷付けられる事件が起こってしまった。

当時小学1年生の男児を自宅で暴力をふるいケガさせたとして、男を逮捕した。

男が自宅で男児をなぐったり投げ飛ばすなど様々な暴行を与えていたとのこと。

さらに、この男が男児の鎖骨を折るほどの大ケガを追わせた疑惑があります。

警察の捜査による取り調べによって、男は暴力を振るっていた容疑を認めているそうです。

なお、事件後を受け養子縁組は解消されているため、別居状態となっている。

最近、こういうニュースばかりで本当に胸が痛みます。

この男の子には、これからの人生が幸せで溢れますようにと、心から強く願っています。

 

■怒りと心配の声多数

弱い立場の相手を傷付けた最低な行為です。

男児にとっては恐怖だったはずですし、ネット上では怒りの声が相次いでいます。。

どんなに怖かったか。救出されてよかった。こんな人間は親になってはいけない。

この男は世間に迷惑をかけないように生きて欲しい。

持ち上げて落とすのは体罰ではないし、ただの暴力です。

躾に体罰が必要だとしても、そもそも体罰とは何か?を理解してない。

一番信頼している大人に傷つけられ、裏切られ一生消えない傷が心に残ります。

この子はこれからどんな思いで生きて行くんだろう…と思うと、いたたまれなくなる。

このような子供たちが増えていったら、将来日本はどうなってしまうのでしょう。

思いやりを持った大人になってくれたらと思います。

自分より明らかに力や立場が弱い人に対して精神的肉体的に暴力をふるうのは絶対あってはならない。

たとえそれが親子関係であろうとも一方的な暴力はダメです。

もっと日本も特に子どもの権利や立場を尊重出来る様な世の中になる事を祈ります。

夫婦の離婚、 子連れ再婚、 血のつながらない子への虐待するような世の中になってほしくないです。

虐待を受けた子供達が大人になり、また虐待を繰り返すことにならないように祈っています。

子連れ離婚のまたは子連れ再婚による犠牲者は何の罪もない子供たちになってほしくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です