結婚できない中年男女の原因!低収入とロスジェネス世代の苦悩

バブル崩壊後の1993~2005年の就職氷河期に社会で働きだしてデフレとなり、賃金が増えない状態の36~48歳の中年になったロスジェネ世代は人生に悩んでいるそうです。

就職、結婚、介護やお金など人生で様々な辛い状況を経験したロスジェネ中年たちは、他にも問題に直面しています。

社会が生み出した「ロスジェネ中年」はどうやって現状を打破する方法があるんか検証します。

「収入が乏しく3割が未婚。結婚できてもモラハラ化!」というような衝撃な意見を聞いたことがありますが本当でしょうか。

国は第3次ベービーブームをつくるために計画していたが、“団塊ジュニア”のロスジェネ世代は混迷してしまった。

しかし、その試算は的が外れて厚生労働省の「人口労働調査」では、未婚率は30%を超えているとは驚きます。

この原因について、さまざまな分析結果があります。

36~48歳の中年になったロスジェネ世代も本当は恋愛して適齢期に結婚したかったわけですが、結婚できなかった。

理由は就職してもデフレと景気低迷の影響で給料が増えなかっただけではなく、男女の性別に関係なく出産・育児・労働をすべて頑張れと言われてきました。

社会全体が求めることが多すぎて、自信喪失してしまう人がいたのも仕方がないでしょう。

また、ロスジェネたちが結婚適齢期を迎えた“アラサー”の頃には、社会も経済も殺伐とさせた2008年のリーマンショック事件が大きく影響したと思われます。

これで失業し、結婚に至らず別れたカップルも多かったようです。

結婚して出産しても、経済力の余裕ないしイライラして暴力や虐待というケースも少なくないそうです。

都心で収入少ないカップルにとって、楽観的な結婚生活をイメージするのは難しいです。

リストラされないために、嫌いな仕事でも我慢しなければならなかったロスジェネ世代は、婚期が遅れがちになります。

35歳から婚活を始めても時すでに遅し!という考えが定着しています。

男性は子供いる家族に憧れているので20代の出産できる女性を求めているし、一方で女性は安定した収入ある男性を希望しています。

つまり、婚活では男性は年収、女性は年齢で審査されていると言えます。

お互い、求めているものが違いすぎて、ある意味生き残るために利用しようとしてい低年収で結婚できない中年の男性と女性の悩みが深いです。運良く結婚できたとしても問題山積の実情を検証します。ます」

ただし、田舎の女性ほど東京や大阪などの大都市に出てきたがる傾向が強いそうです。

OLしながら、相手の男性には高い年収を求めるのはちょっと強がりです。

結婚できない男女は分不相応な条件を掲げるので、人も仕事も縁は釣り合ったところからしか降ってこないのを理解してもらいたいです。

結婚=ゴールとか勝ち組とかステータスみたいな風潮は時代遅れも甚だしいです。

女性は35歳で出産も厳しくなりますし、男性でも40歳で結婚も限界水域…。

年収500万円が最低ラインというのも間違いでもないのは、これを下回ると子供に何もさせてあげられない。

子供が小さい間は傍に居たいと思うのが女性の本音というのも分かります。

また、低賃金の中年は結婚できないけど、低賃金の若いヤンキーは後先考え無いから結婚している!というのも興味深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です