13歳少女が電車はねられて自殺!母親の精神状況に心配の声

2019年2月、大阪府高槻市の踏切で、中学1年生の少女が8両編成の特急電車にはねられ、死亡するという出来事がおきた。

なんとも痛ましい人身事件に、ネット上では悲鳴が相次いでいる。

報道によると、事故が発生したのは午後2時50分頃。

目撃者の男性によると、遮断機がおりてくる前から少女が線路上で立ち止まっていたという状況だったようで自殺の可能性が強かったと思われます。

この女子生徒は事故直前まで母親と一緒に買い物していたそうです。

大坂府警の高槻署による捜査によると、自殺との見方が強いとみているそうです。

 

■母親のメンタル面に心配

この報道によって、ネット上では事故が起こる直前まで死亡した娘と一緒にいた母親の精神状態を危ぶむ意見が相次いでいるようです。

何が彼女を死へと追い詰めたのかはわからないです。

でも彼女は自殺を覚悟していたのでしょう。

最後に過ごす人は母親と決めていたのでしょか?

まだ13歳で命を絶つだなんて…こんな事するために出産したわけではないです。

何かあったなら言わないと、母親であってもわからない時もあるはずです。

一緒に買い物に行っていた母親は立ち直れるか…お母さんの今後の人生が心配!?というコメントが多いです。

残された人はずっと背負わなけれぼならない!この苦しみを拭い去るのは無理かもしれません。

いじめ等が原因で自殺を考えさせるまで追い込んだ人が当然悪いのですけど自殺は絶対にやめてほしいです。

子供を持つ親ならわかるけど、我が子が自殺した悲しみは計り知れないです。

家族にも子供や兄弟の変化に気づいてあげてほしいです。

いずれにしても「自殺はダメ」というのは確かです。

最悪の場合、後々に親が自殺する可能性もあることに気づいてほしいですし、そういうケースも過去にありました。

悲しみの二次被害者を出してほしくないです。

また、自殺なんてするもんじゃないし、電車なんて絶対に辞めてほしいです。

まず綺麗な状態ではいられないし、人が多いから面白半分に撮影されて尊厳あんてあったもんじゃないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です